pixivコミックなどで『バンドマンとようじょ』を発表している灰音アサナさん(@asana1988)が、「オタク同士が仲良くなる上で重要なのはジャンルだけじゃない」と題したマンガをTwitterに公開。約24000のRTと52000以上の「いいね」が集まり、「謎が解けた」「めっちゃわかる」といった反応などが多数寄せられています。

「同じジャンルでも微妙に話が合わなかったり、違うジャンルでも話したらめちゃくちゃ楽しかったりする」……。確かにそういうこと、よくありますね。「あれはどういう現象なんだろう……」という疑問に、某チョコ菓子キャラ風の鳥(?)が「ジャンルよりもオタクとしてのテンションが合うか合わないかの方が重要ってことだ」と断言します。

オタクに限らず、人としても通じるところがありそうな「テンション」が合うかどうか、ということ。確かに、同じジャンルのオタクだとしても知識の量に差があったり、どれだけハマっているのかに違いがあるというケースは多いはず。それよりは“沼”は違ってもハマり度が近い人の方が波長が合いやすいのかもしれません。

アサナさんによると、「オフ会等で一回会ってそれきりの方も居れば、一回話しただけで“あ、絶対楽しい”と仲良くなれる方もいたので、これはジャンルどうこうだけでないな、と気付きました」と話し、共感の声が多かったことについては「たくさんのわかりみありがとうございます。GLAYのニューベストアルバム『REVIEWⅡ』を買って下さい」とオタっぽいコメントを寄せてくれました。

『バンドマンとようじょ』(pixivコミック)
https://comic.pixiv.net/works/4325 [リンク]

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/messages/2521782306-1116486926540763136 [リンク]

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「ヲタトークが盛り上がるのに必要なのはジャンルだけでない!? 理由を断言したマンガに「謎が解けた」「めっちゃわかる」の声多数