世界興収が10億ドル突破の空前の大ヒットを記録し、10日(月)に発表された第92回アカデミー賞受賞式では見事 <主演男優賞><作曲賞>の2部門を受賞した『ジョーカー』。それに次ぐ、“悪カワ”ヴィランが主役となった映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』が、3月20日より全国公開。2月7日には全米公開を迎え、初登場No.1の大ヒットとなっています。

ヴィラン史上最高に可愛いく、セクシーでクレイジーなのにめちゃめちゃキュートな“悪カワ”として高い人気を誇る<悪のカリスマ>ジョーカーの元恋人役=ハーレイ・クインを演じるのは、今ハリウッドで最も輝く女優のマーゴット・ロビー。スクリーン狭しとノリノリで動きまわるハーレイの危険度MAXのクレイジーアクションが話題です。

トリッキーな動きで相手を惑わし、想像もつかないような攻撃を繰り出し、敵をなぎ倒してゆくハーレイ・クイン。自分より一回り以上デカいゴッサムのワルたちを、完膚なきまでに叩きのめすハーレイのアクションには、誰もが虜になるはず。ハーレイを演じ、本作のプロデューサーも務めているマーゴット・ロビーは「87イレブンのチームは物語や登場人物について話すところからスタントのトレーニングを始めました。アクションのためのアクションではなく、物語や役柄と通い合う動きでないといけないと教えてくれたんです。そのためにも、トレーニングは必要不可欠でした」と、なんとスタイリッシュなアクションで大ヒットした『ジョン・ウィック』シリーズを手掛けたスタントチーム“87イレブン・アクション・デザイン”が本作に携わっていることを明らかにしています。

『ジョン・ウィック』シリーズと言えば、ハリウッド・スターキアヌ・リーブス演じる伝説の元殺し屋の壮絶な死闘を、新感覚のアクションで、世界中の映画ファンを魅了。マーゴットは彼らと創り上げたアクションについて「ハリウッドでは過去何十年にわたって、多くのすばらしいアクションが生み出されてきました。でも私たちは本作で自由にアイディアを出しながら、楽しんでアクションを作っていけました」と、満足のいく出来栄えになっていることを話します。

劇中の注目アクションの一つが、謎のダイヤを盗んだ少女カサンドラを宿敵ブラックマスクの手から守るために、刑務所でハーレイがびしょ濡れになりながら華麗に戦うシーン。マーゴットのこだわりは並々ならぬものだったようで「雨はスクリーン上の映りがとてもいいから、すばらしい映像要素なんです。でも撮影は嫌になるほど難しい。カメラや機材も危ないし、ケーブルだらけで、最悪の事態になりかねない。でも見栄えは最高ですよね。だから雨は絶対取り入れたいと思っていました」と、細かな演出にもオリジナリティを取り入れていたそう。ハーレイと、ハリウッドが誇るスタントチームの奇跡のコラボレーションに期待が高まるばかりです。

さらにクレイジーにキュートに進化したハーレイの前に現れた敵、“極悪”ブラックマスクと、謎のダイヤを盗んだ少女をめぐる予測不能で危険度MAXのクレイジー・バトルは一体どんなカオスな展開を魅せてくれるのか!?︎ 公開をお楽しみに!

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』
http://wwws.warnerbros.co.jp/harleyquinn-movie/

(C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. BIRDS OF PREY and all related characters and indicia c&TM DC Comics.

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「『ジョン・ウィック』のスタントチームがプロデュース! 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』の華麗アクションにご注目