フィリップス・ジャパンは、シェーバー新製品『シェーバーS7000 スマート』を発表。7月上旬から全国の家電量販店などで順次販売を開始します。

専用スマートフォンアプリと連携して、自分の肌状態に適したシェービングをガイドしてくれるのが大きな特徴。電動歯ブラシではスマホと連携するものがありましたが、シェーバーもスマホと連携するようになるんですね。未来感ある。

アプリを使った“パーソナルシェービングプラン”は、赤み、かみそり負け、埋もれ毛などユーザーの肌の悩みに合ったシェービングプランを提案。シェービングするたびに、シェーバーと接続したアプリがユーザーの肌の状態をトラックし、最適なシェービングに導きます。

本体は、シェービングヘッドの表面に細かなビーズコーティングを施して肌との摩擦を低減する『スキンコンフォートリング』、高精度の刃が深剃りを実現し、保護層が肌を守りながら優しくシェービングできる『ジェントルプレシジョン刃』、ヒゲの密度を感知してヒゲの濃さに応じたパワーを出す『ヒゲ密度感知システム』を搭載。約1時間の充電で約50分の使用が可能。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「ついにシェーバーもスマホと連携する時代に フィリップスが『シェーバーS7000 スマート』を7月上旬発売へ