来年2019年の1月2日と3日にNHK・Eテレで放送予定の「平成ネット史(仮)」。
インターネット黎明期からのネットユーザーから注目度の高い番組かと思われるが、先日は『Twitter』の公式アカウント(@nhk_nethistory)がネット界最大のタブーであると思われる「鮫島事件」という言葉をツイートし話題となっていた。

参考記事:NHK平成ネット史(仮)「さすがに地上波で鮫島事件を扱うことは出来ません。ご容赦ください」
https://getnews.jp/archives/2099222[リンク]

その公式アカウント、12月7日には

ほんの少しらしいですが「ちゆ12歳」が番組に出るらしいです…。

だ、大丈夫なのか?

とツイートを行う。
今年話題となった「バーチャルYouTuber 」の始祖といえるかもしれない(?)、一世を風靡した「バーチャルネットアイドル」の『ちゆ12歳』。ちゆのブレイク後、後発の「バーチャルネットアイドル」が雨後の筍のように登場していたことも「バーチャルYouTuber 」のブームとかぶるものがある感じである。

今年は、「バーチャルYouTuber」としても復活し話題となっていた。

バーチャルネットアイドルちゆ12歳
https://www.youtube.com/channel/UCg49h2KFnB3SH1efaI_njVg[リンク]

その愛らしい容姿にそぐわず、「エル・カンターレファイト!」ネタや「包丁人味平」のブラックカレーネタなど危ないネタを好んで扱うことで知られる『ちゆ12歳』。NHKのEテレに登場! ということで番組にますます期待である。
まあ、
「だ、大丈夫なのか?」
とは、視聴者側のセリフであろうけど……。

※画像は『Twitter』より

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「NHKの平成ネット史(仮)「ほんの少しらしいですが『ちゆ12歳』が番組に出るらしいです…。だ、大丈夫なのか?」