来年1月11日に公開予定の映画『クリード 炎の宿敵』で主役を務めるマイケル・B・ジョーダンといえば、大坂なおみ選手が気になる俳優として日本では知られています。一方、日本ではあまり知られていないようですが、アニメ好きだというオタクな一面もあるのです。

映画のプロモーションも兼ねているようですが、ウェブメディア『Nerdist』とのインタビュー動画で、『はじめの一歩』ファンだったということを明らかにしています。

Michael B. Jordan’s favorite Boxing Anime (Nerdist News Edition) (YouTube)
https://youtu.be/tmZXkSERfYE

『はじめの一歩』が好きな理由を聞かれ、真剣に答えるマイケル。

「キャラクターがどんどん進化していくとこ」、「弱い奴が強い奴に立ち向かっていくストーリー(Underdog story)が好き」、「デンプシー・ロール」、「キャラクターが自分自身と対話するように描かれていてリング上でどういう心境なのか理解できるところ」などを好きな理由として挙げています。ガチですね、この人。

Naomi Osaka responds to Michael B. Jordan’s tweet! 大坂なおみ (YouTube)
https://youtu.be/f56ZypUruPA

大坂なおみ選手もアニメ・漫画・ゲーム好きとして知られています。ボビー・ブラウンとホイットニー・ヒューストンのデュエット曲のタイトルではありませんが、アメリカ人は恋に落ちた理由の一つとして「共通するところがある(We have something in common)」というフレーズをよく使います。テレビ番組がきっかけで交流するようになった2人ですが、アニメ好きという共通点があるので、本当にビッグカップル誕生なんてことになるかもしれません。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=tmZXkSERfYE

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「『クリード 炎の宿敵』の主役マイケル・B・ジョーダンは『はじめの一歩』ファンだった 大坂なおみとマジで気が合いそう