ニューヨークのDucks Eateryというレストランが、どこからどう見ても肉の塊にしか見えないスモークしたスイカを発表し、話題となっています。

Watermelon Smoked To Look Like Meat (YouTube)
https://youtu.be/n2yJQeVYv24

FOOD INSIDERが動画を公開していますが、スイカを調理する準備に4~6日かかるそうです。まずは皮をむいていきます。

コリアンダーとオレガノが入った塩水に浸けます。

樫の木の灰が隠し味です。

スモークします。

オリーブオイルとローズマリーを入れ、フライパンで焼きます。

スイカ1つで3~5人前。値段は75ドル(約8300円)。見た目は完全にローストビーフです。赤身で肉汁たっぷりの美味しそうなローストビーフにしか見えません。

味見したレポーターさんによると、肉っぽく感じるのは外側だけみたいです。肉でもない、かといって普通のスイカでもないとのこと。食べた事がない味だそうです。

『Twitter』上は、「スイカが可哀そうすぎる」、「レポーターは一言も美味しいって言ってないよね」、「誰も頼んでないことをするとこういう結果になる」、「完全にナシだよね」、「そもそもなんで?」、「なんでこういうことするかなぁ」、「警察呼んだほうがいい?」、「パイナップルがトッピングされたピザよりひでーな」、「75ドルで俺のスイカを台無しにするのか」と、ほぼ完全アウェー状態に。

アメリカでは魚を生で食べられない人が多いのに、スイカはやっぱり生で食べたいという人が多いようです。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=n2yJQeVYv24

※ソース:
https://twitter.com/InsiderFood/status/1026936016064704512

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「ハムとかローストビーフに見えちゃいます? 実はスモークしたスイカなんです