2017年4月に初登場して、その飲みやすさと手頃な値段で500mlということもあり、ヒットドリンクとなったサントリー食品の『クラフトボス』シリーズ。発売から1年間で『クラフトボス ブラック』『クラフトボス ラテ』合わせた出荷数が1500万ケースを突破し、これまで缶コーヒーとは縁の薄かった若年層や女性層にも浸透しています。

まだまだ好調に推移している『クラフトボス』ですが、2018年6月19日には新たに『クラフトボス ブラウン』がラインナップ。「ミルクと砂糖が控えめなコーヒーを飲みたい」という層にターゲットを絞り、”微糖”ではなく“ブラウン”という新たなジャンルを開拓したいとしています。

『クラフトボス ブラウン』は、クリアなコクと華やかな香りを持つ5種類のコーヒーをブレンド。ブラックコーヒーにシロップとミルクポーションを1つずつ入れたちょっと甘い味を目指したとしています。また、人工甘味料不使用なのも健康に気遣う人にとっては安心なのではないでしょうか。

もともと長い時間をかけて「ちび飲み」をすることがコンセプトな『クラフトボス』シリーズだけあって、この『ブラウン』も一口するとほのかな甘みとミルク感、そしてコーヒー豆の香りが漂ってきます。イメージとしては、コーヒーショップのアイスコーヒーにガムシロップ1つとミルクを1/3程度入れた味というとイメージしやすいかもしれません。飲み進めるごとに甘みとコーヒーの深みが増す味覚が感じられて、これまでのコーヒー飲料にありそうでなかった味といえるのではないでしょうか。

今回、“ブラウン”つながりで『LINE』のキャラクター・ブラウンとのキャンペーンも実施。通常ラベルとLINE FRIENDS限定ラベルが抽選で100名に当たる『Twitter』キャンペーンを2018年6月18日いっぱいまで実施するほか、2018年7月3日9時から7月9日いっぱいまで通常ラベル1本とLINE FRIENDS限定ボトルキャップが抽選で100名に当たる『Twitter』も控えています。

このほか、コンビニでは2018年6月18日までに『クラフトボス ブラック』を1本買った人に『ブラウン』発売後に1本無料でサンプリングキャンペーンも実施中。『ラテ』では甘すぎるけれど、ちょっとマイルドな味のコーヒーを飲みたいという“ブラウン”な気分の人はこれらのキャンペーンをチェックしてみてはいかがでしょうか。

クラフトボス ブラウン(サントリー)
https://www.suntory.co.jp/softdrink/craftboss/brown/ [リンク]

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「これまでありそうでなかった!? サントリー『クラフトボス ブラウン』がチビ甘マイルド