新型コロナウイルスの蔓延により、働き方が大きく変化した、昨今。リモートワークが広く普及したものの、一部では、押印や電話番を理由に出社前提の勤務形態に戻そうとする企業も見られます。ではなぜ、日本は古くからのやり方に固執し、本質的に変化していこうとしないのでしょうか? このようなテーマについて、慶應義塾大学 特別招聘教授である夏野剛氏と、電話番出社をなくすうえでうってつけのサービス「トビラフォン Cloud」を提供するトビラシステムズ株式会社 代表取締役社長の明田篤氏が語り合いました。

全文を読む