NECが2017年度から開始した「NEC未来創造会議」は、2050年の未来からバックキャストしながら豊かな社会の実現を目指していくためのプロジェクトだ。文化人類学やデザイナー、法学者など国内外からさまざまな有識者を招き、3年にわたって議論を重ねてきた。

現在は議論を通じて生まれた「意志共鳴型社会」というビジョンを実現すべく、さまざまなステークホルダーとの共創活動を行なうなど社会実装のフェーズへプロジェクトは移りつつある。COVID-19の流行や気候変動など世界が急速に変わっていくなかで、NEC未来創造会議の活動はよりリアリティが高まったともいえるだろう。

今年度第2回となるNEC未来創造会議では「SOCIETY」をキーワードとして「経済成長と地球の持続性を両立する社会の在り方」をテーマとし、従来のような経済成長と地球環境の持続可能性のバランスをどうとるべきか議論した。マルクス主義を専門とし現代の資本主義に疑義を唱える気鋭の経済学者・斎藤幸平氏とアメリカ・ポートランドで持続可能な都市開発に取りくんできた都市計画家の山崎満広氏をゲストに招き、昨年度から引き続きNECフェローの江村克己と『WIRED』日本版編集長・松島倫明が参加。ふたつの両立を「不可能」とすることから始まった議論は、資本主義とは異なる経済のあり方や開かれたテクノロジーという新たな技術像を提示しながら次なる社会像を構想していった。

※このログは(「第2回有識者会議 SOCIETY 経済成長と地球の持続性を両立する社会の在り方)を転載したものに、ログミー編集部で見出しなどを追加して作成しています。

全文を読む