ステーブルコインに関する研究 中国人民銀行の研究者が、中国はステーブルコインの研究を進め国の機関を元ペッグ通貨の開発に呼び戻すべきだと主張している。USドルペッグ通貨を例に挙げつつ、この存在が、USドルを世界の通貨市場での支配的立場にさらに押し上げていくと危機感を示す一方で、他の多様な法定通貨に...

全文を読む

情報提供元:CoinPost
記事名:「中国人民銀行の研究者、ステーブルコイン開発に置ける中国の「乗り遅れ」に危機感