仮想通貨市場への参入を断念 大阪に本社を置き、外国為替証拠金取引(FX)を提供するヒロセ通商の子会社「ライオンコイン」が仮想通貨取引への参入を断念していたことが分かった。 子会社は3月末で解散すると発表している。 これまで、金融庁認定の自主規制団体「JVCEA(一般社団法人日本仮想通貨交換業協...

全文を読む