ビジネス書とか実用書って、実践できないとあんまり意味ないですよね。そういう本って、「仕事の効率を上げたい」とか、「体調をよくしたい」とか、何かしらの目的があって読む人が多いと思うんですけど……どんなに知識を入れたところで、実際に日常生活の中で活かせなかったらもったいないよな〜って思うんです。

というわけで、私、鈴木ふみ奈の書評コラム・『道は開ける』第2回では、“即実践!”できてどんな人にも役立つ一冊をご紹介します!

◆第1回はこちら→「4倍以上の仕事をこなし、2倍以上の自由時間を確保する方法|鈴木ふみ奈の『道は開ける』vol.1」

 

あらゆる不調を科学的に解消する”超実力派”な一冊

今回の本はこちら、『最高の体調』(著:鈴木祐)です。

 帯にもありますけど、「疲労・肥満・不眠・不安・病気・老化」……いやじゃないですか? 私は超いやです。笑 そういうのがあると仕事もプライベートもしんどくなっちゃうし、やりたいこともできなくなっちゃうし。

この本には、そんな現代のあらゆる不調を科学的に解消して、「最高の体調」を手に入れる方法がたっぷり書かれています。

そしてこの本はですね、超実力派です!! 100回くらい読んだほうがいいですよ、みなさん。濃厚すぎる。どこのページを読んでも勉強になるし、実践できます。

 

「自然」はマッサージよりも疲労回復効果が高い?

たとえばですね、第4章『環境』の中には、「自然との触れ合いには体のダメージを癒す効果がある」って項目があります。

実はこれ、イギリスのダービー大学による研究で証明されているんですね。しかもその癒やし効果を表す数値は「0.71」で、マッサージの「0.57」を上回るほどだと。詳しくは読んでみてほしいんですけど、自然にここまで効果があるのは、人類が持つ3つの「感情システム」をバランスよく刺激するから、っていう理由もあります。

「自然は体にいい」ってよく聞くじゃないですか。でも、なんでいいのか、どのくらいいいのかまでははっきりしてなくて、漠然と“自然はいいものです”っていう情報だけ世の中に出回っている気がしていて。この本はそこをちゃんと紐解いているのが、すごくいいなと思いました。

「理由がわかってるかどうか」って、「そのあと行動する気になるかどうか」を結構左右すると思うんです。

 

スマホの待受を変えるだけでOK!?

更によかったのは、ただ科学的根拠とか知識が載ってるだけじゃなくて、章ごとに「実践ガイド」っていう具体的な実践法がまとめられてるところ。

たとえば「自然を取り入れる」だったら、「自然の画像を見る」だけでいいんですよ! デジタルのものでも十分効果があるから。私ここ、めっちゃびっくりして! で、スマホの待受を速攻変えたんですよ!! すぐ変えました。読んだ瞬間に。「今変えよう」って。

それまで、魅力的な体型の女性のグラビア写真にしてたんですよ。常に見ることで意識をキープできるので。これを、自然の風景の中にいる女性のグラビア写真に変えました。笑 

それと、観葉植物を机に置くのも効果があるらしいです。私、今もファンの人にもらった多肉植物を育ててるんですけど、もっと増やそう!と思ってページめくったら、「NASAが推奨する観葉植物一覧」とか載ってて! 「え、NASA!? NASAが推奨するんならもう100%間違いないでしょ。これ以上の信頼できる情報ないでしょ」って思った。笑 

あと、疲れやすさは「腸内環境」が左右するから、「発酵食品」を食べることも大切とのこと。有効な成分が入ってる食品とか、サプリとかも明確に名称や入手先が書いてあります。

こういうの読んで、「あ、こういうのがいいんだ。じゃあ具体的にどう取り入れよう、調べてみるか」ってやってたらめっちゃ時間かかるじゃないですか。そういう無駄な時間を過ごさなくてよくて、「この1冊で悩みがすべて解決する!」っていうところが素敵だなと思いました。ストレスなく読めて、すぐに使えるんです。

 

「将来に対するぼんやりとした不安」の対処法

前半3章『腸』『環境』『ストレス』では、そういった環境や食べ物をどう変えていけば体調が整うのか、っていう話がたくさん書かれています。そして、後半3章『価値』『死』『遊び』では、現代人特有の「不安」について取り上げられていて。

現代人って、芥川龍之介さんみたいに「将来に対するぼんやりとした不安」にさいなまれてる人がすごく多いらしいんです。

これを科学的に考察してみると、「未来への心理的距離」が原因になる。現代ってほんといろんな選択肢があるじゃないですか。だから未来に何があるか全然わからなくて、不安になるんです。なるほどな〜って思いました。

じゃあどうしたらいいかというと、「自分の価値観を見つめなおして、なるべくそれに沿った行動を選択していくこと」が効く。すると不安は減っていくし、目標とかも達成しやすくなるよ、とあります。実際に、そういう人ほど不安に強くて、セルフコントロール能力も高いっていう研究結果も出てるんです。

→NEXT:自分の価値観を見定めるための科学的手法

情報提供元:BUSINESS LIFE
記事名:「スマホの待受を変えるだけで体調が良くなる?|鈴木ふみ奈の『道は開ける』vol.2