Garminのスマートウォッチで妊娠状況が把握できる生活へ

ガーミンジャパンが同社のスマートウォッチシリーズと連動するアプリ「Garmin Connect」に、女性向けヘルスケア機能「妊娠トラッキング」機能を新たに搭載する。

女性向け新シリーズ「Lily」より搭載

妊娠トラッキング1

©ガーミンジャパン

妊娠トラッキング2

©ガーミンジャパン

Garminでは、女性が抱える健康課題をテクノロジーで解決する「フェムテック」に関する機能を発表しており、毎日の消費カロリー、睡眠、水分補給、体のエネルギー状態を数値化した「Body Battery」、生理周期トラッキングを展開してきた。

今回新たに発表された「妊娠トラッキング」機能は、Garminが2021年2月11日(木)に発売した女性向けスマートファッションウォッチ「Lily」シリーズより初期搭載されているもの。

「Garmin Connect」でトラッキングしている心拍数、ストレスや睡眠、運動量といった健康データとともに、妊娠状況が確認できるようになっている。

妊娠状況では、妊娠週数ごとの胎児の動き、胎児の大きさを野菜や果物に例えて表示するほか、栄養や運動に関するアドバイス、妊娠に伴う吐き気やめまいなどの症状などを確認できる。
妊娠記録の終了後は、生理周期トラッキングに切り替えることが可能だ。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「Garminのスマートウォッチで妊娠状況が把握できる生活へ