MastercardとSAP Concurが提携。アジア向けに経費精算、請求書の自動化

MastercardがSAP Concur(コンカー)との提携を発表した。

事務処理の自動化を推進

事務処理の自動化を推進

今回の提携により、アジア太平洋地域の銀行、企業、政府機関に対し、SAP Concurソリューションとコマーシャルカードを活用した経費精算、請求書管理プロセスの提供を目指すとのこと。
これにより、コスト管理やコンプライアンスを強化するだけではなく、照合作業や支払いがよりスピーディーになるとみられている。

Mastercardのアジア太平洋地域担当プロダクトマネジメント担当バイス・プレジデントであるモスタファ・サベット氏は今回について「今日における競争の激しい環境や急速に進化を遂げるデジタルエコノミーの観点から、MastercardはSAP Concurのソリューションとの融合により、企業や政府機関がより厳格に、透明性を持って、効率的なコストや経費を管理するために必要なツールやより深いインサイトをもたらすことが可能となります」と述べている。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「MastercardとSAP Concurが提携。アジア向けに経費精算、請求書の自動化