LINE証券、サービス開始から1年半で50万口座突破。年内にiDeCo提供へ

LINE証券が2021年2月10日(水)、2019年8月のサービス開始から約1年半で口座開設数50万口座を突破したことを発表した。

コロナ禍における投資への注目も後押しに

コロナ禍における投資への注目も後押しに

LINE証券は、1株単位で取引ができる「いちかぶ(単元未満株)」、投資信託、FX取引の「LINE FX」、現物取引・信用取引といった、株式取引に関するサービスをわずか1年にも満たない期間で取り揃えてきた。

また、自己資金0円で始められる投資、オンラインでスピーディーに開設できる口座、LINE PayやLINEポイントの対応などが多くのユーザーから支持を受けたほか、新型コロナウイルスの感染拡大による投資への関心の高まりも後押しとなり、サービス開始からわずか約1年6ヶ月で口座開設数は50万口座を突破した。

なお、LINE証券では野村ホールディングスとの初の連携サービスとしてiDeCo(個人型確定拠出年金)を2021年に提供予定だ。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「LINE証券、サービス開始から1年半で50万口座突破。年内にiDeCo提供へ