楽天Pay(楽天ペイ)でポイントがつかないのはなぜ?

スマホ決済サービス楽天Pay(楽天ペイ)をお得に使うには、ポイントがつかないケースを事前に確認しておくことが重要です。ポイントがつかないタイミングを把握しておけば、もったいない使い方を避けることができます。

この記事では、楽天ペイの利用時に、ポイントがつかない理由・原因を紹介します。

楽天Pay(楽天ペイ)でポイントがつかないのはなぜ?

楽天Pay(ペイ)でポイントがつかないのはなぜ?

楽天ペイは、利用時に楽天ポイントの付与がある点も魅力のひとつになっています。普段の買い物からポイントを貯めていけるので、利用に多くのメリットが見つけられるでしょう。

さらに楽天ペイは、2020年7月1日から「楽天ペイのコード・QR払いでいつでも最大1.5%還元キャンペーン」を実施し、高いポイント還元率をいつでも利用できるようにしています。

具体的には以下の支払い方法ごとに、高還元率が提供されています。

チャージ払い(楽天キャッシュ):1.5%(楽天カードからチャージ)、1%(楽天銀行かラクマからチャージ)
ポイント払い:1%
クレジットカード払い:1%(楽天カードを支払いに紐付け)

さまざまな支払い方法から、1〜1.5%のポイント還元を受けられます。キャンペーンの終了日時は未定となっているので、これからも楽天ペイの利用から多くのポイントを獲得していけるでしょう。

しかし、楽天ペイの使い方によっては、こちらのキャンペーンのポイントが付与されないケースがあります。基本的に楽天ペイのアプリからコード表示・QR読み取り・セルフで支払う必要があるので、意外なところでポイントが還元されないということがあるかもしれません。

楽天ペイで高還元率を実現するには、ポイントがつかないケースを事前に把握することも重要です。ポイントがつかないパターンを知っていれば、意識してそれ以外の方法を選択していくことができます。

「ポイントカード」タブでのポイント利用は還元の対象外

楽天ペイは貯めたポイントを使った「ポイント払い」でも、1%のポイント還元を受けられます。

しかし、ポイント還元の対象となるのは「コード・QR払い」タブでのポイント利用だけです。「ポイントカード」タブでの利用は対象外になるので、事前にポイント支払いの方法を確認しておく必要があります。

楽天ペイのポイント払いの方法

楽天ペイのポイント払いの方法は、以下の手順で行えます。

  1. 「コード払い」「QR払い」「セルフ払い」から支払い方法を選び、画面にある「設定」をタップ

    →QR払いの場合には店舗のQRコードを読み取ってから、セルフの場合には金額を入力してから設定をタップします。

  2. 「すべて使う」か「一部使う」を選択

    支払い方法が楽天キャッシュになっている場合、ポイント数を指定して利用することができません。ポイント払いの利用数を指定するときには、支払い元をクレジットカードに変更する必要があります。

  3. OKをタップし、設定が反映されていることを確認

貯まった楽天ポイントは、上記の簡単な流れでいつでも利用できます。楽天ポイントは1ポイント=1円で利用できるので、楽天ペイを使う際には有効活用してみましょう。

楽天ペイアプリ内にある楽天Edyへのチャージと支払いは対象外

楽天ペイアプリ内で使える楽天Edyにチャージ・支払いをする場合も、キャンペーンによるポイント還元の対象外です。楽天Edyでの支払いは、200円ごとに1ポイントの0.5%の還元になっています。

ポイント還元率は変わってしまいますが、楽天Edyには現金でのチャージなど特有のメリットがあるのが特徴です。利用できる店舗にも違いがあるので、生活環境によっては楽天Edyの方が便利になることもあるでしょう。

楽天ペイと楽天Edyを紐づけて利用する場合には、ポイント還元率や使い勝手が変わることを事前に確認し、どちらが自分にとってメリットが大きくなるのか考えてみることがおすすめです。

ネットでの楽天ペイの支払いも対象外

楽天ペイはネット上の買い物に使うオンライン決済も可能ですが、こちらも最大1.5%のポイント付与の対象外になっています。

楽天ペイでネットショッピングをする際にも、ポイントの還元率に注意が必要です。

一部対象外となる店舗がある

楽天ペイのコード・QR払いのポイント還元キャンペーンは、一部進呈の対象外となる店舗があります。

郵便局などで利用した分にはポイントが付与されないので、使う店舗・サービスが対象外になっていないか確認することがおすすめです。

対象外の店舗は、「楽天ペイのコード・QR払いでいつでも最大1.5%還元キャンペーン」ポイント進呈対象外店舗についてから確認しておきましょう。

楽天Pay(楽天ペイ)のポイント付与日はいつ?

楽天Pay(ペイ)のポイント付与日はいつ?

楽天ペイのキャンペーンで還元されるポイントの付与日は、楽天キャッシュ・楽天ポイントからの支払いの場合、利用日の翌日に通常ポイントとして加算されます。

もらえるポイント数は決済したあとの決済完了画面や、ご利用内容確認メールからチェック可能です。

支払い元に楽天カードを設定しての利用分や、楽天カードから楽天キャッシュにチェージした分のポイントは、利用月の翌月15日前後に楽天カードから付与されます。

楽天Pay(楽天ペイ)でポイントがつかないクレジットカードは?

楽天Pay(ペイ)でポイントがつかないクレジットカードは?

楽天ペイは、登録したクレジットカードを利用しての「クレジットカード払い」でも1%のポイント還元を受けられます。

しかし、楽天カード以外のクレジットカードを使っての支払いの場合には、還元の対象外となるので注意が必要です。そのためクレジットカード払いで楽天ペイを使うのなら、楽天カードを支払いに設定しておくことがおすすめとなっています。

楽天カードからのチャージ払いを行うと、最大の1.5%の還元が受けられます。(楽天カードのチャージで0.5%、そこからの支払いで1%の内訳になります。)

楽天カードからのチャージ方法

楽天カードからのチャージ方法は、以下の簡単な手順で進めることが可能です。

  1. 支払い元に楽天カードを設定する
  2. 「チャージ」をタップして金額を入力
  3. 「完了」を押して内容を確認し、「チャージする」をタップ

楽天ペイへのチャージは手軽に行えるので、ポイントの還元率をアップさせたい場合には楽天カードからのチャージ払いを試してみてはいかがでしょうか。

楽天Pay(楽天ペイ)のポイントがつかないコンビニはどこ?

楽天Pay(ペイ)のポイントがつかないコンビニはどこ?

楽天ペイはコンビニでも使いやすい電子マネーですが、支払いに対応していない店舗ではポイントを貯めることはできません。

すでにキオスク・セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなど全国展開している多くのコンビニで利用できますが、中にはポイント対象外および支払いの対象外になることもあります。

楽天ペイの対応店舗は、公式ページの使えるお店から検索が可能です。

コンビニの他、スーパーマーケットやドラッグストアなどにも利用可能店舗は拡大しているので、この機会に確認してみましょう。

楽天Pay(楽天ペイ)のポイントは二重でつかない?

楽天Pay(ペイ)のポイントは二重でつかない?

楽天ペイと楽天ポイントカードを組み合わせることで、ポイントの二重取りも行えます。

買い物の支払い前に楽天ポイントカードを提示し、その後楽天ペイによる支払いを行うだけです。楽天ペイアプリの最大1.5%の還元と、楽天ポイントカードの最大1%の還元が合わさって、最大2.5%の還元が受けられます。

楽天ポイントカードはアプリで簡単に管理できるので、この機会に楽天ペイと一緒に利用してみることもおすすめです。

楽天ペイのポイント二重取りは、楽天ペイと楽天ポイントカードの両方に対応している店舗でないと実現できません。

楽天ポイントカードが使えるお店はこちら 使えるお店から確認できるので、合わせてチェックしてみてください。

楽天Pay(楽天ペイ)でポイントがつかない原因を知ろう

楽天Pay(ペイ)でポイントがつかない原因を知ろう

楽天ペイの利用時につくポイントは、いつも高還元率になっています。

しかし、使い方次第ではポイントがつかないこともあるので、この機会にその原因を確認して対策を進めてみることがおすすめです。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「楽天Pay(楽天ペイ)でポイントがつかないのはなぜ?