bitFlyerの提供によりトムソン・ロイターが仮想通貨のリアルタイム・レーツを配信開始!

国内最大の仮想通貨・ブロックチェーン企業bitFlyer(ビットフライヤー) は、 大手情報企業 トムソン・ロイター・ジャパンへビットコイン価格情報の配信を開始しました。

今後も配信対象の仮想通貨を追加予定

今回はビットコインのみの配信ですが、今後も配信対象の仮想通貨を追加していくとbitFlyerは発表しています。価格情報はトムソン・ロイターが提供しているElektron Data Platform(エレクトロン・データ・プラットフォーム)・ Eikon (アイコン)・データフィードで利用ができるとのことです。

コメントはbitFlyerプレスリリースより引用。

トムソン・ロイターの為替担当市場開発部部長(アジア太平洋担当) マイケル・ゴー氏のコメント

「過去10年にわたる仮想通貨の大きな成長は、新しい技術を巡る力強い勢いを裏付けるものです。トムソン・ロイター仮想通貨リアルタイム・レーツは、当社からのレート提供をさらに強化するとともに、世界全体での仮想通貨取引の将来的な安定に不可欠な透 性と効率性をもたらすのに寄与します。」

bitFlyer代表取締役 加納 裕三氏のコメント

「当社は世界最大の仮想通貨取引所として、仮想通貨マーケットの発展のために努めてまいりました。また当社グループは日本・米国・欧州において仮想通貨交換業のライセンスを取得した世界で初めての事業者となりました。この度、世界中の金融ニュースおよびデータ提供において高く評価されているトムソン・ロイターに当社の価格情報を提供することで、世界の顧客の皆様に価値あるデータを提供できることをうれしく思います。」

情報提供元:BITDAYS
記事名:「bitFlyerの提供によりトムソン・ロイターが仮想通貨のリアルタイム・レーツを配信開始!