三井住友カードとLINE PayがApple Pay、Google Pay対応のプリペイドカード発行へ

三井住友カードLINE Payが、戦略的業務提携による新たな取り組みを発表した。

LINEからの発行に対応

2社は2020年4月よりクレジットカード「Visa LINE Payクレジットカード」の発行を開始。

LINE Payのスマートフォンを基軸とした決済ノウハウと三井住友カードのクレジットカード決済のノウハウを融合し、身近で革新的なキャッシュレス決済を目指すため、今回新たな取り組みを発表した。

2020年12月からは 「Visa LINE Payプリペイドカード」の発行を予定。LINEのアプリ内でVisaブランドのバーチャルプリペイドカードの発行が可能だ。
なお、本カードはApple PayGoogle Payに順次対応を予定しており、これによりLINE Payが全国のiD加盟店で利用できるようになる。

また、2021年春より「Visa LINE Payクレジットカード」で提供している、LINE Payの残高がなくても支払いができる機能「チャージ&ペイ」が、三井住友カードが発行するVisaブランドのクレジットカードでも利用できるようになる予定だ。

2020年9月から「Visa LINE Payクレジットカード」の会員がLINEで利用通知を受け取れるようになったが、三井住友カードの会員に対しても同様の機能を順次開始する。

加盟店向けでは、国内最大規模の加盟店網である三井住友カード加盟店へLINE Payの導入を推進していくとのこと。
「stera terminal」へのLINE Payのコード決済導入を拡大するほか、LINE、stera双方の機能を活用した新たなサービス、マーケティングソリューションを検討していく。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「三井住友カードとLINE PayがApple Pay、Google Pay対応のプリペイドカード発行へ