トヨタのパーソナルモビリティーでワーケーション。福岡市で実証実験

KNT-CTホールディングスとグループ会社の近畿日本ツーリスト九州が、スマートデザインアソシエーションと共同で実証実験ツアー「海も山も糸島の自然を大満喫!パーソナルモビリティ周遊ツアー」を2020年10月16日(金)より開始する。

観光地の移動がスムーズに

「海も山も糸島の自然を大満喫!パーソナルモビリティ周遊ツアー」は、ワーケーションにおけるパーソナルモビリティを活用した観光の提供とそのニーズの検証を目的に実施するもの。

ワーケーションの滞在者や観光客へ、トヨタのパーソナルモビリティ「TOYOTA i-ROAD」やトヨタ車体製「COMS」を貸し出し、玄海国定公園や糸島半島地区の移動などに役立てもらおうという試みだ。

玄海国定公園と糸島半島地区では、海や山などの自然、食などの豊富な観光資源を有し、人の往来が活発な地域である一方で、交通手段が限定されている。

パーソナルモビリティを活用することでこの課題を解決していくほか、地域全体の活性化にも期待できるという。

実証実験概要

期間:2020年10月16日~2021年2月28日
場所:福岡市・糸島市
販売対象:ワーケーションでの滞在者及び観光客、地域の皆様
販売価格:「TOYOTA i-ROAD」:1.5時間2,900円~、「COMS」:1.5時間1,700円~
https://www.knt.co.jp/tabinaka/sp/area/kyushu/200914/

情報提供元:BITDAYS
記事名:「トヨタのパーソナルモビリティーでワーケーション。福岡市で実証実験