出前館、日本フェンシング協会とスポンサー契約 初回注文で使える500円クーポン配布

出前館が公益社団法人日本フェンシング協会とスポンサー契約を締結し、「第73回全日本フェンシング選手権大会決勝 with出前館キャンペーン」を2020年9月11日(金)~9月26日(土)まで実施します。

スポーツの新たな観戦スタイルを提案する2社が連携

日本フェンシング協会は、「突け、心を。」を理念に掲げさまざまな取り組みを行っており、2017年8月にメダリストの太田雄貴が会長に就任し、2019年には全日本フェンシング選手権大会の観客動員数が大幅に増加しています。

また、本大会では「NEW STANDARD」を大会コンセプトに掲げ、無観客開催ながらABEMAで生配信をするなど、大会のエンターテイメント化を積極的に進めています。

出前館では、さまざまなスポーツの試合会場や客席に料理を届ける「アリーナデリバリー」によってスポーツとデリバリーのシナジーの親和性を生み出し、オンラインデリバリーの利便性を体験できる機会を創出してきました。

2020年からはスポーツだけでなく、オンラインゲームなどのeスポーツでもタイアップを実施するなど、自宅でもスポーツの試合を盛り上げる企画に取り組んでいます。

今回実施する「第73回全日本フェンシング選手権大会決勝 with出前館キャンペーン」では2020年9月11日(金)から決勝戦当日の9月26日(土)の間、出前館の初回注文で使える500円クーポンを配布します。

また、同期間にキャンペーンエントリーをした中から、日本フェンシング協会のオリジナルTシャツを抽選で50名へプレゼント。
さらに決勝当日、ABEMAの生配信中に注文すると、優勝者6名のサイン入りTシャツを抽選で6名へプレゼントします。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「出前館、日本フェンシング協会とスポンサー契約 初回注文で使える500円クーポン配布