Uber Eats、三井住友海上と業務提携 配達パートナーへ交通安全推進

フードデリバリーサービスのUber Eatsが2020年9月1日(火)、三井住友海上火災保険と配達パートナーの交通安全の向上などを目的とした包括連携協定を締結しました。

傷害補償プログラムに加えて交通安全推進も

Uber Eatsは三井住友海上との協力により、配達パートナー向け傷害補償プログラムを提供してきました。

今回の業務提携では、2社のネットワークと知見を持ち寄り、Uber Eatsを利用している配達パートナーの交通安全向上のため協働します。

ヘルメットメーカーのオージーケーカブトなどと連携し、配達パートナー向けにヘルメットの装着や安全性の高い装着方法の啓発を推進するほか、保険事故データ分析にもとづいて事故頻発要因を抽出し、そのデータをもとに配達パートナー向けにオリジナル安全運転啓発コンテンツを作成していくといいます。

また、事故対応サポート体制の強化、地域の飲食店支援や雇用創出を目的とした地方自治体や地域金融機関などとの連携も実施し、既存の配達パートナー向け傷害補償プログラムの拡充も検討していくとのことです。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「Uber Eats、三井住友海上と業務提携 配達パートナーへ交通安全推進