実写版「ムーラン」がDisney+で9月4日より会員限定配信へ

ディズニーの動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」にて2020年9月4日(金)より、映画「ムーラン」の独占配信が決定しました。

明日海りお、小池栄子、小野賢章など参加の吹替版も

「ムーラン」は、1998年に制作されたディズニーの同名のアニメ映画を実写版としてリメイクした映画です。

ファ家のひとり娘であるムーランが、家族で唯一の男性である病気の父に代わって男性と偽り兵士となり、戦闘に立ち向かっていく姿を描いています。

主人公のムーランをリウ・イーフェイが務めており、コン・リー、ジェット・リー、ドニー・イェンなども出演しています。

「ムーラン」は当初劇場での公開が予定されていましたが、9月4日(金)より「Disney+」にて独占配信することが決定しました。
「Disney+」では英語音声はもちろんのこと、明日海りお、小池栄子、小野賢章などが参加する日本語吹替版も配信予定です。

本作は「Disney+」の「プレミアアクセス」に登録しているユーザーが視聴可能であり、2,980円を支払うことで「Disney+」会員であれば何度でも好きなデバイスで視聴できるようになっています。
なお、「プレミアアクセス」の決済方法はクレジットカードdポイントで支払える「d払い」のみ対応しています。

※紹介している作品は、2020年8月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はDisney+の公式ホームページにてご確認ください。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「実写版「ムーラン」がDisney+で9月4日より会員限定配信へ