大手取引所ビットバンクから待望のスマホアプリがリリース

大手仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)は、本日4月12日(木)よりiPhone版アプリの提供を開始しました。

Android版アプリも今後リリース予定

bitbank(ビットバンク)は、かねてより多くの要望があったスマートフォンアプリをリリースしました。まずはiPhone版のみですが、今後Android版もリリース予定となっています。

・ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)の計6種類の仮想通貨をアプリから取引可能
・100種以上のテクニカル分析で本格的な相場分析が可能
・チャートも取引も24時間365日リアルタイムで更新
・オフラインのコールドウォレット採用
・マルチシグでハッキング対策も万全
・仮想通貨交換業登録済(第00004号)の事業者による運営

アプリ概要

・正式名称:bitbank ビットコイン&リップル ウォレット
・開発・運営:ビットバンク株式会社
・対応端末:iOS
・サービス地域:日本
・対応言語:日本語
・提供開始日:2018年4月12日(木)
・価格:無料
・ダウンロードURL:https://itunes.apple.com/jp/app/id1352242602?l=ja&mt=8

情報提供元:BITDAYS
記事名:「大手取引所ビットバンクから待望のスマホアプリがリリース