4月6日記者会見まとめ:取引所コインチェック、マネックスグループの傘下に

4月6日の16時より、マネックスグループによるコインチェック買収に関する記者会見が行われました。コインチェックの今後の経営体制、サービス再開について質疑応答を交えて語られた模様です。

コインチェックは完全子会社化。和田氏は執行役員に残留

記者会見の大まかな流れと内容については以下の通りです。

質疑応答

訴訟というリスクを負いながらも買収をした理由は?

新体制について

REP、DASH、ZECの出金・売却の再開を発表

一部仮想通貨の出金および売却の再開についての記事はコチラ

NEMの取り扱いは今後も継続する予定

新体制となるコインチェックは今後もNEMの取り扱いを継続する予定とのこと。
コインチェックの企業ブランド・技術を高く評価しているマネックス松本社長。今後マネックスの持つ知見やノウハウとコインチェックの強みを掛け合わせることで、仮想通貨市場を拡大させていくことに強い意欲を見せていました。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「4月6日記者会見まとめ:取引所コインチェック、マネックスグループの傘下に