LINE、韓国でブロックチェーン技術の子会社を設立

コミュニケーションアプリを運営するLINEがブロックチェーン技術を応用した子会社「Unblock(アンブロック)」の設立を発表。
「LINE」に代表される、ゲームやコミュニケーションツールなど多種多様な分野へ活用が期待されます。

ブロックチェーンを活用した子会社アンブロックとは

韓国の検索大手、Naver(ネイバー)を親会社に持つLINEは、ブロックチェーン技術を扱う子会社「Unblock(アンブロック)」の立ち上げを韓国語版サイトで発表しました。
同社の立ち上げにはブロックチェーンを使った広告展開をする「AD4th」の代表を招き、共同創業者として経営をする方針です。
発表によれば、ブロックチェーン技術でLINEのさまざまなサービスと組み合わせることがわかっており、付加価値の高いサービス提供を行うものとみられています。また、ブロックチェーン分野を専門とした人材を採用していく事も明らかにし、今後の人材募集など続報が待たれます。

過去関連記事

「LINE Pay」をより身近に。LINEアプリ内に「LINEウォレット」を新設

情報提供元:BITDAYS
記事名:「LINE、韓国でブロックチェーン技術の子会社を設立