初心者必見!DApps「イーサエモン(Etheremon)」のレンタルで稼ぐ方法

イーサエモンとは仮想世界に住むモンスターを捕獲したり他のプレイヤーと戦わせたりするゲームです。バトルで勝利すればを貰えますが、バトル以外でもモンスターの販売やレンタルでも稼ぐことができます。
今回はレンタルで稼ぐ具体的な方法について解説します。

DApps「イーサエモン(Etheremon)」の概要

イーサエモンには明確なゴールが設定されていません。お気に入りのモンスターを探す、最強のモンスターを育成する、自分だけのモンスターを生み出すなど自分に合ったの楽しみ方を見つけ出すことが出来ます。
またイーサエモンでは、ゲームを通じて収益を上げることも出来ます。この収益の方法もさまざまで、例えば自分の所有している土地を他の人に貸し出すだけでもイーサリアムを貰うことが出来ます。
2018年6月に土地のプレセールが行われ、9月6日から本格的にモンスターの捕獲やバトルが可能になりました。

「イーサエモン(Etheremon)」のレンタルで稼ぐ方法とは

「レンタル」とは

イーサエモンでは自分の所有しているモンスターを他の人に貸し出す(レンタルする)ことが出来ます。
まだ始めたばかりの人だと所有しているモンスターも少なく、人に貸す余裕はありません。しかしやり込んでいくとモンスターの所有数も増え、使うことが少ないモンスターが生まれていきます。
自分は使わなくなったモンスターであっても、他の人ならば使いたいということもあるでしょう。このようなモンスターを双方の合意の下で料金を支払い、貸し借りを行うことがレンタルです。

モンスターを貸す方法

モンスターを貸すためには、まず自分の所有しているモンスター一覧(マイモンスター)に移動する必要があります。次に貸し出しても良いモンスターを選び、左上のアイコンの中から「貸す」を選びます。
貸すを選ぶと、貸し出すモンスターの名前・貸し出し価格・貸し出し期間などが表示されます。名前を確認し、貸し出し価格と期間を入力して利用規約に同意して「今すぐ注文する」をクリックするとモンスターの貸し出しが開始されます。

モンスターを借りる方法

モンスターを借りる場合にはマーケットにあるレンタル中を選ぶことになります。10月3日段階では約180のモンスターがレンタル可能になっています。
借りたいモンスターを絞りきれない場合は、表示する優先度を変える・価格やレベルを限定してフィルターに掛けるという方法もあります。
借りたいモンスターを見つけたら、「今すぐ借りる」をクリックします。後は借りる期間と価格を確認、利用規格に同意して再び「今すぐ借りる」をクリックすることでレンタル完了です。

「イーサエモン(Etheremon)」でレンタルするメリットとデメリット

モンスターをレンタルするメリットは?

貸す側のメリットは、レンタル料から得られる収益とレンタル中のモンスターがバトルによって得られた経験値です。上手くいけば自分でバトルする以上の経験値を得られるかもしれません。
逆に借りる側のメリットとしては、安価で戦力を整えられることと進化に必要なモンスターもレンタルで賄えることになります。10月3日時点でレンタルできるモンスターは180いますが、販売しているモンスターは3倍以上の600にも上ります。
しかし、価格で見ると、レンタルは販売の10分の1程度の価格にまで抑えられることもあります。

モンスターをレンタルするデメリットは?

貸す側のデメリットは、必ずしも借りてもらえるとは限らないことです。レンタル料が高すぎたりレベルが低すぎたりすると、いつまでも借りてもらえないこともあります。
また、レンタルに出している間は自分で使うことが出来ません。状況によっては使用する可能性のあるモンスターをレンタルに出すのは、必要な時に使えないという危険性があります。
借りる側のデメリットは、必ずしも使いたいモンスターが出ているとは限らないという点です。まだまだイーサエモンのプレイヤーは少なく、レンタルを使用しているプレイヤーは更に限定されています。

「イーサエモン(Etheremon)」でレンタルを楽しもう!

自分でバトルに使うモンスターを集めたい人にとって、レンタルは選択肢には入らないかもしれません。
しかし、進化というシステムのお陰でレンタルの可能性は広がりました。今後クエストやPvPの実装も予定されているので、レンタルの幅は更に広がっていくでしょう。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「初心者必見!DApps「イーサエモン(Etheremon)」のレンタルで稼ぐ方法