XRPを活用!リップル社の国際送金システム「xRapid」とは?

アメリカに拠点を置くRipple(リップル)社では、次々にブロックチェーンを利用した新しいシステムが生み出されています。
リップル社の製品には「RippleNet」、「xCurrent」、「xRapid」、「xVia」があります。
仮想通貨で有名なリップル社ですが、これらの商品は一体どのようなものなのでしょうか。
今回は、リップル社が開発した「xRapid」について解説します。

仮想通貨リップル(Ripple/XRP)について詳しくはコチラ

「RippleNet」について

リップル社には、「RippleNet」という国際送金ネットワークがあります。
銀行、送金業者、取引所などを繋ぐ、世界で唯一の国際送金用ブロックチェーンソリューションです。
RippleNetは法人向けのシステムで、これに参加すれば、従来の国際送金で問題視されていた「送金時間」や「高額な手数料」を飛躍的に改善することができます。
すでに多くの顧客がついており、200近くの企業や団体に利用されているといいます。

リップル社の「xRapid」とは?

リップル社は、RippleNetを支えるソリューションとして「xCurrent」、「xRapid」、「xVia」を提供しています。この中で「xRapid」は送金業者向けのソリューションとして開発されました。
リップル社を代表する仮想通貨「XRP」をブリッジ通貨として活用することで、新興市場(発展途上国)への支払いで大きな障壁となっている送金コストを最小限にすることを目指す新しいソリューションです。

途上国では銀行口座を持つ人は少ないのですが、銀行口座を持っていなくても国際取引を希望する人は多く存在します。このような人々に対して、低価格で迅速な取引を実現することを目指しているのです。

従来の国際送金では、海外への送金は事前に現地通貨を調達する必要があり、送金コストは非常に高くなります。
例えば、日本の銀行から日本円をアメリカの銀行へ米ドルにして送る場合、双方の銀行が円やドルを保有していなければなりません。つまり、海外へ送金する金額分を現地通貨で保有していなければならず、送金ができるのは限られた銀行のみとなってしまうのです。

「xRapid」では、仮想通貨「XRP」を利用することで、現地通貨を保有せずとも送金が可能となります。途上国のマイナーな法定通貨を保有していなくても誰でも送金できるということです。流動性を高めて送金コストを抑えるうえ、送金にかかる時間は数分。また、ブロックチェーン技術によって改ざんは不可能と言われています。

「RippleNet」のソリューション中で仮想通貨通貨「XRP」を使用するのが「xRapid」です。

大手送金業者のWestern Union(ウエスタンユニオン)MoneyGram(マネーグラム)がすでに「xRapid」を用いた国際送金の実験を進めており、リップル社のCEOを務めるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏が「2019年には、より多くの銀行や金融機関がxRapidを採用していくことになる」と予想したことで大きな期待がかかっています。

「xRapid」の仕組み

流動性コストを最小化したい送金業者や金融機関のためのソリューションとして役立てられるエコシステム「xRapid」。
海外へ送金される際には、まず「XRP」に変換されます。
その後、送金先に届くと、その国の通貨に再び変換されて口座に着金するという流れとなります。

①金融機関が自国の法定通貨をXRPに変換
②XRPを送金
③XRPから現地の法定通貨に変換

送金業者や金融機関に与えるメリット

送金スピードがアップするとともに、コストの負担も抑えられます。
法定通貨をあらかじめ所有している先進国の銀行同士とは異なり、途上国の法定通貨は流動性が低いケースが少なくありません。
新興国の金融機関は送金先の国の法定通貨所有量が少ないのが一般的ですが、XRPを介することで、法定通貨を持っていなくてもスムーズな取引の実現が期待できます。リアルタイムでの流動性を実現した「xRapid」が国際間送金を円滑にしてくれるでしょう。

リップル社のプレスリリースによれば、金融機関がこのエコシステムを利用することで、従来の送金方法に比べて40%から70%送金コストを削減できると見込まれています。実際に行われたメキシコからアメリカへの送金実験テストにおいては、銀行を介して国際送金するよりも、最大で70%ものコストが削減できたそうです。

また、国際送金には平均で2~3日かかってしまいますが、「xRapid」ならわずか数分で達成できると発表されました。

「xRapid」の普及は仮想通貨XRPの価格へ影響する!?

XRPで投資を行っている方にとっては、xRapid利用の発表や普及促進がXRPの価格上昇に大きな影響を与えるかもしれないので要チェックです。
というのも、このシステムを使って送金を行う以上、XRPの需要が高まると考えられるからです。
ちなみにBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、XRPの価格に与える影響についての質問に「価格を予測することはできない」と発言しています。
彼は、あらゆる仮想通貨の価値は実用性が高まることによってこそ上昇するものだと考えており、人々に役立ち使われないことには価格上昇は見込めないことを示唆しているのかもしれません。
XRPの実用性を高めていくことで効率的なシステムが成長を遂げ、健全性が高まると彼は期待しています。

情報提供元:BITDAYS
記事名:「XRPを活用!リップル社の国際送金システム「xRapid」とは?