仮想通貨ハードウェアウォレット「Ledger Nano S(レジャーナノS)」の特徴とは?使い方も解説!

皆さんは保有している仮想通貨をどのように管理されているでしょうか。
取引所に預けているから安心と考えてはいけません。取引所でのハッキングや流出問題なども実際に起きており、一元管理されている口座の秘密キーが流出すれば、ユーザーすべての資産が一気に失われるリスクが潜んでいるからです。
そのため、安全なハードウェアウォレットの利用が推奨されていますが、その中でもセキュリティが高く優れた利便性で人気の「Ledger Nano S(レジャーナノS)についてご紹介します。

ハードウェアウォレット「Ledger Nano S(レジャーナノS)」とは?

仮想通貨を管理するために必要となる秘密キーをハッキングや流出リスクがあるインターネットから完全に分離して保管できるのがコールドウォレットです。
ブロックチェーン技術の基本技術である非中央集権にのっとり、ユーザーごとに専用の口座が生成されます。
「Ledger Nano S」はコールドウオーレットであり、USBタイプのハードウェアウォレットなのです。
外部から独立した物理的なボタンとスクリーンによる管理となりますから、トランザクションへの不正アクセスから守れます。
「Ledger Nano S」は全世界で10万人以上の利用者がおり、大変人気のデバイスと言われています。

「Ledger Nano S(レジャーナノS)」のメリットとデメリット

ハッキングなどのリスクがあるインターネットとは完全に隔離されたオフライン管理ができ、初期設定のたびに生成される秘密キーはパソコンと接続した上で、PINコードを入力しないとインターネットと繋がりません。
秘密キーは物理的に隔離されているデバイス内に保管されますが、その際にも情報が抜き取られないよう暗号化して保管されるのも安心です。

厳重管理のハードウェアウォレットは取引への使用が不便、面倒といったイメージをお持ちかもしれません。
ですが、LedgerNanoSは送金や受取も簡単かつスピーディーで安全に行えます。
パソコンに接続してPINコードを入力すれば、取引所を仲介させることなく送金や受取が簡単に行えるのです。

送金速度はユーザーが調節でき、余裕のある時は遅くし、急ぎの時は速めることが可能です。
デメリットとしてはデバイスを手に入れるためのコストがかかることです。
製造元では、セキュリティや管理の利便性の面から複数所有も推奨しているため、取引量などに合わせて2台、4台と所有するとすれば購入費用もばかになりません。
とはいえ、取引所からの流出で一気に大切な資産を失うことなどを考えれば、安い投資かもしれません。

「Ledger Nano S(レジャーナノS)」の対応通貨と使い方

対応通貨は全27種類

ビットコインやイーサリアムをはじめ、ライトコインやリップルなど2018年7月現在で、全27種類の仮想通貨を管理できます。アップデートを続けていますから、これから先も対応通貨は続々と増えていくことでしょう。
「Ledger Nano S」が対応している通貨は以下の通りです。









DogeCoin(ドージコイン/DOGE)
NEO(ネオ/NEO)
Stratis(ストラティス/STRAT)
Komodo(コモド/KMD)
Ark(アーク/ARK)
Stellar Lumens(ステラ・ルーメンズ/XLM)
Digibyte(デジバイト/DGB)
Quantum(クアンタム/QTUM)
Peercoin(ピアコイン/PPC)
ZenCash(ゼンキャッシュ/ZEN)
Vertcoin(ヴァートコイン/VTC)
・HELLO
・POSW
・FIDO U2F
・EXPANSE
・UBIQ
・PIVX
・VIACOIN
・STEALTHCOIN
・HCASH
・WOLEET
・BITCOIN GOLD

とても簡単!設定方法

Windows (7+)や Mac (10.8+)などのメジャーなOSまたは推奨のソフトウェアとデバイスを接続するUSB ポートがあれば接続できます。

簡単な流れは以下の通りです。

①公式サイトから保管する通貨のウォレットアプリをダウンロード
②「Ledger Nano S」をパソコンにつないでウォレットアプリと連動
③取引所からウォレットアプリのアドレスに仮想通貨を送金
④「Ledger Nano S」に保管

使い方も分かりやすい

アプリケーションは直感的に分かりやすい設計となっており、初めてでも使いやすいのも便利でしょう。
複数のwebウォレットと連携させて、対応通貨の拡張もできます。
なお、日本国内での販売を許可されている正規販売代理店から購入すれば、日本語サポートもしてもらえるので、設定や使い方に不安がある方は正規ルートから購入するようにしましょう。

「Ledger Nano S(レジャーナノS)」は代理店EARTH SHIPで購入可能

「Ledger Nano S」は、日本の代理店EARTH SHIPで購入することが可能です。
日本語対応しているので安心して購入できます。
購入するならこのような正規販売店を選びましょう。

「Ledger Nano S(レジャーナノS)」はハイセキュリティのハードウェアウォレット

大切な仮想通貨を守るためにも、インターネットとは隔離できる安全設計のハードウェアウォレットの利用がおすすめです。
「LedgerNanoS」はセキュリティに優れる上、使い勝手も良いので全世界で10万人ものユーザーがいます。利用してみてはいかがでしょうか?

情報提供元:BITDAYS
記事名:「仮想通貨ハードウェアウォレット「Ledger Nano S(レジャーナノS)」の特徴とは?使い方も解説!