1.ニキビと毛穴の関係性

過去の記事でも書きましたが、ニキビは誰の肌にも常在しているアクネ菌が空気に触れなくなった時に、毛穴付近で炎症を起こしニキビになります。
その空気に触れなくなる状態とは、皮脂やメイク汚れ、厚くなった角層などが原因で毛穴が狭くなっている状態を指します。

2.レーザー脱毛の原理

レーザーが黒い色(メラニン)に当たると光エネルギーは熱に変わります。
その熱が毛根にある毛を生やす細胞を破壊することで、脱毛が実現できるのです。

3.レーザー脱毛でニキビが減る理由

①皮脂や汚れが付着しにくくなる

産毛があると毛穴に皮脂や汚れが絡まり、そのまま毛穴に溜まってしまいます。
レーザー脱毛で産毛を除去すれば、汚れが付着しにくくなり毛穴が詰まりづらくなります。

②毛穴が引き締まる

毛穴が引き締まることで皮脂や汚れが詰まりにくくなります。

③化粧水の浸透がよくなる(角質層まで)

産毛で化粧水が弾かれてしまうことがあるので、産毛を除去すれば化粧水や美容液の浸透力を高めることが出来ます。

④毛の自己処理による肌荒れを起こさなくなる

以上のことからレーザー脱毛を行うとニキビができにくくなる! ということになりますね。


しかし、脱毛は1回やっただけで全ての毛がなくなる訳ではありません!

顔の産毛が少しずつ減ってきて、そこから毛穴がつまりにくくなり、やっとニキビが出来にくくなるので、ニキビが減った! と実感するまでには少し時間がかかります。

私も効果を実感するまでに半年はかかりましたが、ニキビが出来にくいお肌に変わったと確かに感じられました!

しかし、そのまま継続してレーザー脱毛をしていく過程でニキビが増えてしまったという経験もしました(泣)

4.レーザー脱毛でニキビが増える理由

①実はニキビではなく、毛嚢炎だった

レーザーの熱で毛穴が火傷をしてしまったとこで毛穴のバリア機能が弱り、ブドウ球菌が増殖してしまうことで炎症を起こし、毛嚢炎になってしまいます。
実はこの毛嚢炎、見た目がニキビにそっくりなんです!

画像参照元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%9B%E5%9A%A2%E7%82%8E

②レーザー脱毛後のお肌の乾燥

レーザーは熱を発します。熱は水分を奪ってしまうのでお肌が乾燥してしまいます。
乾燥は美肌の大敵! ニキビを増やしてしまう原因の1つです!

私は間違ったスキンケア移行をしてしまった時に、お肌全体が弱って揺るぎやすい状態になったことがあります。

その期間にレーザー脱毛を行うとかなりの量のニキビ(毛嚢炎だったのかもしれません)が出来てしまいました。

5.まとめ

結局、レーザー脱毛でニキビは減るの?! 増えるの?!

実体験を踏まえたその答えは、
レーザーを照射する前のお肌のバランスが崩れている時は一時的に’増える!’
産毛が無くなることで長期的にみれば’減る!’

です!

医療レーザー脱毛はニキビへの効果の他に機械によってはシミを薄くする効果があったり、お肌を引き締める効果もあるので美肌を目指す方にはオススメの施術ではあります!

また、なんと言ってもうっかり口周りの産毛を剃り忘れた! なんてこともなくなるのでとっても楽ちんです!

医療脱毛が気になる方はご自身のお肌状態や皮膚科の先生ともしっかり相談しながらチャレンジしてみてください!

情報提供元:女美会
記事名:「顔脱毛でニキビが減るってホント?医療レーザー脱毛の効果とは