儚げな目もとを演出するアイシャドウの選び方

アンニュイフェイスを完成させるには、アイメイクが重要な役割を果たします。特に意識したいのが、アイシャドウです。色はオレンジや赤、ピンクなど暖色系のカラーを選ぶと、目もとが引き立たちます。目もと以外を引き立てるなら、ナチュラルに仕上がるブラウンシャドウがおすすめです。

アンニュイフェイスにおすすめのアイシャドウ3選

ここでは、アンニュイメイクにおすすめのアイシャドウをご紹介します。使い方も説明しますので、是非参考にしてみてください。

【KATEのオレンジアイシャドウ】

2色のくすみカラーで抜け感のある囲み目を演出する、ケイトの“ヴィンテージモードアイズ”。モードなオレンジブラウン「BR-1」は、肌馴染みの良いオレンジとブラウンがセットされたパレットです。このパレットを使うと、抜け感のあるアンニュイフェイスが完成します。

①パレット右側のミディアムカラーをアイホール全体に広げます。
②ブラウン(ダークヴィンテージカラー)を二重幅と下まぶたの目尻1/3程度に入れます。
③ブラウンの上からオレンジ(グロウヴィンテージカラー)を濃いめに、幅広く重ねます。

KATE(ケイト)
ヴィンテージモードアイズ BR-1
1,200円(税抜)

【CANMAKEの赤系アイシャドウ】

5色入りのアイシャドウパレット“パーフェクトスタイリストアイズ”の「No.14 アンティークルビー」には、秋らしい赤系のアイシャドウがセットされています。上品で色気のある目もとに仕上がります。このパレットでは、大人っぽいアンニュイフェイスを演出することができます。

①左上のくすみピンクを上まぶたのアイホール全体に広げます。
②右上のピンクを二重幅と下まぶたの目尻1/3程度に入れます。
③左下の赤を上まぶたと下まぶたの目尻に入れます。赤が濃くなってしまった時は、ぼかします。
④中央のラメを、指で涙袋にのせます。

同じパレットを使って、ピンクメインのアンニュイメイクを完成させることも可能です。透明感がアップして、より一層女性らしさが引き立ちます。

①左上のくすみピンクをアイホールと下まぶたに入れます。
②右上のピンクを二重幅にのせます。
③中央のラメを上まぶたにのせて完成です。

CANMAKE(キャンメイク)
パーフェクトスタイリストアイズ No.14 アンティークルビー
780円(税抜)


【excelのブラウンアイシャドウ】

オレンジや赤に抵抗がある方は、ブラウンシャドウを使ってもOK。エクセルの“スキニーリッチシャドウ”は、使いやすいベージュ系とブラウン系中心の4色入りパレットです。儚げな目もとを叶えてくれるのは、パープル溶け込むピンクブラウンの「SR10 ピオニーブラウン」です。

①左上のベースカラーをアイホールにのせます。
②右上のニュアンスカラーを二重幅にのせます。
③左下のシャドウカラーを上下まぶたの1/3程度まで入れます。
④右下のカラーで、目のキワにラインを引きます。

excel(エクセル)
スキニーリッチシャドウ SR10 ピオニーブラウン
1,500円(税抜)

モテ度もUP! 儚げアンニュイメイク

ミステリアスな雰囲気を演出する、儚げなアンニュイフェイス。どこか放っておけない印象を与えるから、モテ度もアップします♡秋冬のデートメイクにもぴったりですので、ぜひトライしてみてください!

情報提供元:女美会
記事名:「儚げ“アンニュイフェイス”になれる!おすすめのアイシャドウ3選