「なんだか、ファンデーションで肌をきれいにカバーできてない気がする…」そんなふうに悩んでいる方、化粧下地はなにを使っていますか?

肌とファンデーションの密着性を高めるための化粧下地、じつはベースメイクの要といっても過言ではない、とっても重要なアイテムです。今回は、化粧下地の選び方について詳しくご紹介していきます!

化粧下地は肌悩みに合わせて選ぶ!

すでにお伝えした通り、化粧下地の役割とは「肌とファンデーションの密着性を高めること」です。この化粧下地を肌質や悩みにあわせて選ぶことで、本来の肌悩みをカバーしてファンデーションの機能を十分に発揮させることができるといわれています。

今までなんとなく化粧下地を選んできた、そもそも化粧下地を使ってない! という方は、ぜひ化粧下地の選び方を見直してみてください。

【肌悩み別】おすすめ化粧下地の選び方

それでは早速、代表的な肌悩みにあわせて化粧下地の選び方をご紹介していきます!

乾燥が気になる!化粧下地の選び方

水分と油分が不足し、肌がカサつきがちな方の中には、ファンデーションがうまくのらなくて悩んでいる方も多いはず。そのような方は、肌にうるおいを与えてキープする、モイストタイプの化粧下地を使用しましょう。

ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分を配合したもの、オイルを含んでいるタイプのものなどがあります。

テカリが気になる!化粧下地の選び方

Tゾーンや頬が油分でテカってベタベタ…。そんな方におすすめなのは、皮脂吸着成分を配合した化粧下地です。皮脂吸着成分が油分を吸着してキープし、肌表面をサラサラに保ってくれるのでファンデーションのヨレや崩れを防ぐことが期待できます。

ニキビが気になる方は、オイルカットでつくられた化粧下地を試してみるのもおすすめです。

毛穴が気になる!化粧下地の選び方

開いた毛穴やたるんだ毛穴によって肌の凸凹が目立つ気がする、ファンデーションの毛穴落ちが気になるという方は、シリコン系の化粧下地を選ぶのがおすすめです。

シリコン系の化粧下地は、一般的に肌との密着性が高いため、肌の凸凹を埋めてなめらかにみせてくれます。

シリコン系の化粧下地を毛穴に使用する場合は、下から上に向けて円を描くようにクルクルと指でなじませると毛穴をカバーしやすくなります。

顔色が気になる!化粧下地の選び方

顔色の悪さが気になるからとファンデーションを厚塗りすると、化粧崩れやファンデーションがヨレる原因になってしまうことがあります。

ファンデーションは薄付きに、ただし顔色の悪さをきちんとカバーしたいときには、カラーコントロールタイプの化粧下地を選ぶのがおすすめです。

①赤みをカバーする化粧下地の選び方

頬の赤みやニキビ跡、小鼻まわりの赤みが気になるときには、グリーン系の化粧下地を使いましょう。ただし、グリーン系の化粧下地を顔全体に使ってしまうと逆に顔色が悪くなってしまいます。赤みが気になるところにピンポイントで使用するようにしてください。

顔がほてりやすいなど、顔全体の赤みをカバーしたい場合にはイエロー系の化粧下地もおすすめです。

②くすみをカバーする化粧下地の選び方

血行が悪く、顔全体がくすんでみえる場合には、ピンク系の化粧下地を使用すると明るい印象をつくりやすくなります。

ピンク系の化粧下地を選ぶと肌の赤みが強くなりすぎてしまうという方には、涼やかな透明感をつくってくれるパープル系の化粧下地を試してみてください。

また、茶クマや目元の影によるくすみが気になる方はオレンジ系の化粧下地を部分使いする方法もおすすめです。

化粧下地を使うポイント

最後に化粧下地の使い方についてポイントを2つご紹介します。肌悩みに合わせて化粧下地を選んだら、正しい使い方で魅力を引き出しましょう!

ポイント① 化粧下地は複数使いしてOK

化粧下地は用途に合わせて使い分けましょう。例えば、「Tゾーンのベタつき」と「Uゾーンの乾燥」が気になる混合肌の方は、Tゾーンには皮脂を吸着してくれる化粧下地、Uゾーンにはモイストタイプの化粧下地を使うなど、肌の状態にあわせて化粧下地を選ぶようにしてください。

ポイント② 均一に薄づけする

化粧下地を使用するときは、つけすぎを防止するために各化粧下地の使用量目安を守りましょう。(記載がない場合には、パール一粒大を目安にしてください。)

少量の化粧下地を均一に伸ばすには、両頬・鼻・あご・額に5点置きしてから伸ばす方法がおすすめです。

余分な力がかかりづらい、中指と薬指を使ってやさしく伸び広げるようにしてみてください。

情報提供元:女美会
記事名:「ベースメイクの要は化粧下地!?正しい化粧下地の選び方