眉毛でこんなに変わる!一重さんの眉毛は何が正解…?

眉毛の完成度次第で、顔の“盛れ具合”は丸っきり違うもの。むしろ、自分にあった眉メイクさえマスターすれば、自分史上最高の可愛いを手にしたも同然かも!

まずは眉毛の書き方によって、目元の印象が変わることを、チェックしてみましょう。一重まぶたさんは特に必見!

NG眉:眉毛が濃すぎる・太すぎる

眉毛が濃すぎる・太すぎる
出典:byBirth

この濃いめ・太め眉メイクの場合、お顔を見た瞬間に、眉毛に視線を奪われませんか?キリッとした濃い眉毛はカッコイイけれど…。ナチュラルメイクに合わせてしまうと、瞳の印象が薄れてしまいます。

一重さんがこのような眉メイクをすると、まぶたが重たく見えたり、かえって目が小さく見えてしまいます。

OK眉:眉毛がふんわり優しい

眉毛がふんわり優しい
出典:byBirth

先ほどの画像と、眉以外は全く同じメイクをしているのですが、こちらの方が目が大きく感じませんか?

こちらは、顔全体にまとまりが出るように、柔らかい色味と質感で仕上げた眉メイク。瞳に視線がいって、目元がパッと明るく見えるように。

このように、眉毛の書き方次第で、お顔全体のイメージがかなり変わるので、自分の目元に似合う眉を見つけてくださいね。

一重さん向け・使用コスメ

一重さん向け・使用コスメ
出典:byBirth
  • セルヴォーク/インディケイト アイブロウパウダー 全6色
  • セルヴォーク/インディケイト アイブロウペンシル 全3色
  • セルヴォーク/インディケイト アイブロウマスカラ 全2色

今回の一重さんに似合う眉メイクで使用するのは、セルヴォークのアイブロウコスメ。

インディケイト アイブロウパダーはなんと6色もあって、ヘアカラーに合わせてはもちろん、眉毛にも色味をプラスしてカラーリングを楽しむのもアリ。インディケイト アイブロウマスカラは、眉毛用のワックスのような役割をしてくれて、毛流れを理想通りにキープしてくれます。

【メイク方法】一重さんの目元を優しく見せる眉毛の書き方!

では、一重さんに似合う眉メイクのポイントをご紹介していきます。

上記でもお伝えしたように、目元が目立ちつつも、整っている優しい眉毛を作っていきます。

1. アイブロウペンシルで毛を書き足す

アイブロウペンシルで毛を書き足す
出典:byBirth

まずは、ペンシルで眉毛の足りないところを書き足していきます。 一重さんの場合は、 眉毛よりも、目の存在感を目立たせるために、 濃く書きすぎないのがポイント。優しい眉毛に仕上げていきましょう。

ペンシルを握るときは、力を抜いて、筆圧を与えないように軽いタッチで書くのがコツ。

筆圧を与えないように軽いタッチで書く
出典:byBirth

ただ薄く、淡く仕上げてしまうだけだと、 目周りにメリハリがなくなって、まぶたが重く見えてしまいます。生え際の下のラインのみ、強調するように書きましょう。

2. アイブロウパウダーで色付け

アイブロウパウダーで色付け
出典:byBirth

アイブロウパウダーで、色みをのせ、グラデーションを作ります。眉をとことん優しく見せたいので、髪の毛の色より、やや明るめのカラーを選んで。

特に、眉頭部分を強く書いてしまうと、顔全体の印象が強くなってしまいます。眉頭に色をのせるときは、ブラシに残ったパウダーを、 ほんの少しなぞるだけにとどめて。

3. 眉マスカラで毛流れを整える

眉マスカラで毛流れを整える
出典:byBirth

最後に、クリアなアイブロウマスカラを塗って、 眉にハリとツヤをあたえたら完成!眉に艶があるだけで、眉をハッキリ書いていなくても、元気な印象になります。

修正前
出典:byBirth

修正前の濃い眉と比べると一目瞭然!

修正後
出典:byBirth

一重さんの魅力を最大限に活かすためには、優しげなふんわりナチュラル眉がベスト!

一重さんに似合う眉メイクのポイント

今回は、一重さんに似合う眉毛の書き方をご紹介していきました!眉メイクをするときは、眉毛単体で考えずに、目の形とのバランスを考えるのも大事。

最後に、一重さんに似合う眉メイクをするときのポイントをおさらいします!

  • 濃く書きすぎない
  • 太く書きすぎない
  • 強いキリリ眉ではなく、優しいふんわり眉を目指す
  • 眉頭は特に色を付けすぎないように注意

眉毛次第で、目元が大きく見えたり、反対に目が目立ちにくくなってしまうこともあるもの。一重さんが眉毛を書くときの参考にしてみてくださいね!

詳しくはYouTube動画で配信中

今回ご紹介した一重さんに似合う眉メイクのポイントは、YouTube動画でもさらに詳しくご紹介しています。こちらも合わせてチェックしてみて!

情報提供元:GODMake
記事名:「“一重メイク”一重に似合う眉メイクの書き方をヘアメイクが解説!