つらい便秘でなかなか痩せない人は「腸ヨガ」がおすすめ

「腸ヨガ」がおすすめ
出典:GODMake.

ダイエットの大敵である便秘。便秘になると体内に老廃物がたまり、代謝の低下を招きます。痩せにくくなるのはもちろん、お腹がぽっこりしてウエストラインが気になる人も多いのではないでしょうか?

そもそも便秘になってしまうのは、「自律神経の乱れ」や「腸のぜん動運動が鈍っていること」が原因です。ひどくなると腹痛や冷えなどを引き起こし、美容や健康面にも悪影響があります。

とくに、ストレスがたまっている人は、自律神経の乱れが原因で便秘になっている場合も多いです。腸ヨガには自律神経のバランスを整える効果があり、ストレスを解消してリラックス効果を高めてくれます。便秘とストレスには深い関係があるため、腸ヨガでリラックスして便秘を解消しましょう。

また、腸の働きが悪いと便秘になりやすいため、ダイエットしてもなかなか痩せない原因になってしまいます。腸ヨガにはお腹をひねるヨガポーズがあり、腸を刺激してぜん動運動を活発にする効果があります。

つらい便秘に悩まされている人は、朝晩の「腸ヨガ」でお腹をすっきりさせましょう!

便秘を解消する「腸ヨガ」のやり方

便秘を解消する「腸ヨガ」のポーズを5つご紹介します。朝晩5分程度でできるので、運動が苦手な人でも取り組みやすいのが魅力。

自律神経の乱れを改善し、腸のぜん動運動を活発にして便秘解消していきましょう。

マーメイドのポーズ

マーメイドのポーズ
出典:GODMake.

マーメイドのポーズは、筋肉を緊張させることで交感神経を優位にします。朝に交感神経を優位にすると自律神経が整うため、朝の腸ヨガにおすすめです。

  1. 横向きに寝転がり、下の腕を伸ばします。
  2. 腕の上に頭を乗せ、足を床から少し持ち上げます。
  3. 脇腹に効いているのを意識して、お腹の筋肉を緊張させます。
  4. そのまま5呼吸して、足を下ろします。
  5. 反対向きになり、同様に行いましょう。

脇腹の筋肉を刺激することで、くびれ効果も期待できますよ。

赤ちゃんのポーズ

便秘がちでお腹が張っている人は、「赤ちゃんのポーズ」でガス抜きをしましょう。

  1. 仰向けになり、両膝を抱えます。
  2. 息を吐きながら、膝を胸に引き寄せましょう。
  3. 上体を少し起こすと、ガス抜き効果が高まります。
  4. 5呼吸したら体勢を戻し、くり返し行います。

つらい人は、上体を上げずに行っても大丈夫です。

コブラのポーズ

コブラのポーズ
出典:GODMake.

コブラのポーズは内臓を刺激して、腸内環境を整える効果があります。

  1. 床にうつ伏せになり、両手をついて上体を起こします。
  2. お腹が伸びている状態で、5呼吸キープ。
  3. ゆっくりと戻しましょう。

肩が上がってお腹が床についていると、高い効果が期待できないのでしっかりとお腹を伸ばしましょう。

ねじりのポーズ

ねじりのポーズ
出典:GODMake.

ねじりのポーズは腸を刺激し、ぜん動運動を活発にする効果があります。

  1. 仰向けになり、両手を横に広げます。
  2. 息を吐きながら体をひねり、片足を体の横に持っていきます。
  3. 5呼吸したら足を戻し、反対側にもひねります。

肩が床から離れないように注意して、しっかりと体をねじりましょう。リラックスして行うことで、副交感神経が優位になります。

バッタのポーズ

バッタのポーズ
出典:GODMake.

バッタのポーズは、お腹を圧迫することで腸を刺激する効果があります。

  1. 床でうつ伏せになります。
  2. 両足と上体を、同時に床から持ち上げます。
  3. 3呼吸キープして、元に戻します。
  4. 5回ほどくり返しましょう。

体勢を戻したときにリラックスすることで、副交感神経を優位にし、自律神経のバランスを整えます。

腸ヨガの効果をアップさせるポイント

腸ヨガの効果をアップさせるポイントを3つご紹介します。

腸ヨガをする前にコップ一杯の水を飲む

腸ヨガをする前にコップ一杯の水を飲む
出典:GODMake.

腸ヨガで便秘を解消するには、コップ一杯の水を飲んでから行うことが効果的です。

便秘になるのは水分が不足して、便が硬くなってしまうことも原因の1つ。水を飲むことで腸の働きを活発にし、便をやわらかくすることで便秘を解消しやすくしてくれます。

空腹時に行う

食後に腸ヨガを行うと、腹痛の原因になる場合があります。胃腸が休まっている空腹時に行うことで、便秘解消の効果が高まります。

お風呂に入って体が温まっているときに行うと、腸の緊張がほぐれているので高い効果を発揮してくれるでしょう。

リラックスして行う

リラックスして行う
出典:GODMake.

腸ヨガの目的は、自律神経のバランスを整えること。そのため、リラックスして行うことがポイントです。

人間の体は、朝になると交感神経が優位になり、夕方以降は副交感神経が優位になることで自律神経のバランスが整います。

しかし、ストレスなどによって自律神経のバランスが乱れると、夜になっても交感神経が優位な状態が続くため、リラックスできません。

腸ヨガの効果を高めるには、リラックスして行うと良いでしょう。

朝晩の腸ヨガでぽっこりお腹を解消!

つらい便秘が原因でなかなか痩せない人は、まずは便秘を解消することが大切。便秘を解消することは、ダイエットだけでなく、健康や美容にも効果的です。

また、ストレスが原因の便秘の場合には、自律神経のバランスを整えることが大切です。そのため、リラックス効果のある腸ヨガで、すこやかな腸を手に入れてぽっこりお腹を解消しましょう!

情報提供元:GODMake
記事名:「つらい便秘に効く!朝晩の「腸ヨガ」でぽっこりお腹を解消