『ナチュラルサイエンス ママ&キッズ オリゴライン』とは

赤ちゃんから大人まで、全てのデリケート肌へ向けたスキンケアシリーズ

『ナチュラルサイエンス ママ&キッズ オリゴライン』とは
撮影:GODMake.

安全性に徹底的にこだわった化粧品・食品等を自社で研究・開発・製造・販売している『ナチュラルサイエンス』の中でも特に人気を博しているのが、新生児から妊娠中の方、大人まで、家族みんなで使える敏感肌用低刺激スキンケア「ママ&キッズ」のオリゴライン。

本ラインは、トラブルをくり返す肌や、敏感肌、アトピー肌の方へ向け、自らの力で敏感になりにくい肌を育てることができるよう、独自成分「エクストラオリゴキュア」を配合。さらに、肌に不足しがちな成分「ヒト型セラミド」「リピジュア(R)」「うるおいアミノ酸」「ビフィズス菌エキス」を補うことで、健やかな肌へと導くスキンケアです。

このシリーズに今年5月、部分的なベタつき、ニキビや毛穴トラブル、化粧崩れに悩む「敏感混合肌」の方へ向けたジェル乳液が新登場します。

独自成分「エクストラオリゴキュア」とは

「美肌菌を育てるフローラ」「肌を守るバリア」「うるおいを高めるモイスト」「肌荒れを防ぐキュア」を独自配合比率で処方したオリジナル成分。乾燥・肌荒れ・敏感になりにくい肌を育てます。

ママ&キッズ オリゴラインに「敏感混合肌用ジェル乳液」新発売

敏感混合肌の複合的な悩みにたった1本でアプローチ

ママ&キッズ オリゴラインに「敏感混合肌用ジェル乳液」新発売
撮影:GODMake.

「敏感混合肌」の方は、全体的にカサつきや粉ふき、かゆみが出ることの多い「敏感乾燥肌」とは違い、部分的なベタつき、ニキビや毛穴トラブルが出てしまうことが悩み。

彼女たちの肌を調べると、

  • Tゾーンの皮脂は多くOゾーンは少ない
  • 水分蒸散量が高くバリア機能が低下している
  • インナードライ状態である
  • 乾燥により過剰に分泌された皮脂が酸化しアクネ菌が増殖しやすい

という複雑な肌状態であることがわかりました。

今回新発売するジェル乳液は、このようなパーツによりバラバラの悩みを抱える肌へ、たった1本でアプローチする画期的なアイテム。皮脂の多い部分は皮脂量が減り、皮脂の少ない部分は皮脂量が増える。そしてバリア機能とうるおいが改善する、そんな夢のようなスキンケアです。

「敏感混合肌用ジェル乳液」特長

「敏感混合肌用ジェル乳液」特長
撮影:GODMake.

既存「オリゴライン」へ含まれている成分に加え、皮脂バランスを整える「イノシトール」を配合。かさつき・皮脂のどちらも気になる方の皮脂バランスと菌バランスを整え、ゆらぎにくい肌へと導きます。

さらに、うるおいとバリアを高める独自開発の「カプセル化ヒト型セラミド」が、アクネ菌のエサになることなく肌に不足している成分を補う処方。

ニキビや吹き出物がでやすい方、皮脂による肌荒れをしやすい方、化粧が崩れやすい方、角栓つまりや毛穴が気になる方の他、さらりとした使用感を好む方も使いやすいはず。

妊娠中のデリケートな肌にも使用可能。

自分の「敏感」に合わせた適切なケアでゆらぎにくい肌を

自分の「敏感」に合わせた適切なケアでゆらぎにくい肌を
出典:GODMake.

現在日本では、年齢を問わず「季節の変わり目やホルモンバランスの変化で肌に不調が出やすい」「合わない化粧品がある」「肌がすぐに痒くなる」など、敏感な状態に悩んでいる方が多くいます。

あなたの肌は「敏感乾燥肌」ですか?それとも「敏感混合肌」でしょうか。

「敏感乾燥肌」の方は、すでにママ&キッズより発売中の〈しっとりライン〉の使用がおすすめです。そして「敏感混合肌」なら〈バランスライン〉より発売中のローションと今回新しく発売するジェル乳液で、お肌の調子を整えて。

バランスラインを使用していく中で、目や口の周りの乾燥が気になる場合は、乾燥するパーツのみに「オリゴモイスチャークリーム」を塗布すると良いでしょう。

家族全員が安心して使用できる本ブランドのスキンケアで、脱・敏感肌を叶えて。

新商品概要

2020年5月8日新発売

  • ママ&キッズ オリゴバランスジェル

敏感混合肌・AC処方/120mL・2,700円(税抜)

情報提供元:GODMake
記事名:「敏感・ニキビ・乾燥を同時にケア!「敏感混合肌」向けスキンケア新発売【『ナチュラルサイエンス』2020年5月8日】