そもそもコントロールカラーって?

コントロールカラーとは、頬の赤味や、くすみ、クマなどの肌の色ムラを整える為のクリームです。基本的に化粧下地の後に使います。

ピンク、イエロー、グリーンなどたくさんの色の種類があり、それぞれに効果があります。使い方によっては逆効果になってしまうこともあるので、色のチョイスには注意が必要!

それぞれの色の効果について紹介していきます!

それぞれの色の効果は?

血色感をプラスできるピンク

血色感をプラスできるピンク
出典:GODMake.

ピンクのコントロールカラーには、血色感をプラスしてくれる効果があります。色素が薄く、顔色が悪く見えてしまう方にオススメ!

やわらかく、ふんわりとした肌になることができます。

健康的にみせてくれるイエロー

健康的にみせてくれるイエロー
出典:GODMake.

イエローのコントロールカラーって、あまり馴染みがなくて使ったことがない人も多いはず。だけど実は、黄味の強い日本人の肌にはよく馴染む万能カラーなんです!

イエローには肌のくすみをカバーして明るく見せてくれる効果があり、元気で、健康的な印象の肌に仕上げてくれます。

特にイエベさんにオススメのカラーです!

赤味が気になるならグリーン

赤味が気になるならグリーン
出典:GODMake.

グリーンのコントロールカラーには、頬全体の赤味や、ニキビ跡の赤味をカバーしてくれる効果があります。赤の反対色であるグリーンを塗ることで、肌の赤味を抑えてくれるんです。

赤ら顔や、ニキビ肌に悩んでいる方にオススメ!

ただ、グリーンを顔全体に塗ってしまうと、血色感が失われて顔色が悪く見えてしまうので、気になる部分にだけ小範囲に使うのがオススメです。

頑固なくすみにはオレンジ

頑固なくすみにはオレンジ
出典:GODMake.

オレンジは、濃いくすみに効果的!顔色が茶色っぽく不健康そうに見えてしまう人にオススメです。

目の下のクマやたるみの影を和らげるのにも効果的です。

透明感を演出するならパープル

透明感を演出するならパープル
出典:GODMake.

パープルのコントロールカラーは、透明感のある肌に仕上げてくれます。色素が薄い儚げな雰囲気の肌になれちゃいます!

黄ぐすみしがちなイエベさんにもオススメ。

顔全体に塗ると膨張して顔が大きく見えてしまうので、ポイント使いがオススメです。頬に逆三角形に乗せると、立体感がでてオススメですよ!

どの色を選べばいいか分からない時は?

まずはプチプラで試してみよう!

エチュードハウス フィックス&フィックス トーンアッププライマー

カラーは、ピンク系、グリーン系、パープル系。伸ばしても色味がわりと分かりやすいタイプ。

少量を加減して使うのがオススメです。

ちふれ メーキャップ ベース クリーム UV

カラーはピンク、グリーン。1,000円以下のプチプラ!

パール感があって、色味はそこまで残らないタイプ。トーンアップ効果が欲しい方におススメです。

自分合うコントロールカラーで肌悩みを解決しよう!

ベースメイクをきちんとしているつもりなのに、肌悩みがカバーできない…。そう思っている方にはぜひコントロールカラーを取り入れてほしい!

コントロールカラーで肌の状態をフラットにすることで、上から重ねるファンデーションを少量で済ませることが出来ます。

自分に合ったコントロールカラーを見つけて、ナチュラルな美肌になりましょう!

情報提供元:GODMake
記事名:「コントロールカラーで肌悩みを解決!色別の効果とは?