暑さが和らぎ過ごしやすくなってきましたね。体感的にはとても快適なのですが、実は問題は肌!季節の変わり目の寒暖差が原因で、肌トラブルを起こしてしまいやすいのです。

そこで今回の記事では、季節の変わり目だからこそ心掛けたいスキンケア方法についてお話していきます。

季節の変わり目は「敏感肌」に近い状態に

敏感肌
出典:GODMake.

夏の紫外線が影響で、肌は保湿機能や肌のバリア機能が低下してしまいます。どちらも肌が健やかな状態を保つのに欠かせない機能で、不足してしまうといわゆる敏感肌と呼ばれる状態に陥ります。

この時期は「肌がいつものコンディションとは違う!」なんて感じることもあるでしょう。季節の変わり目のスキンケアは、そんな状態の肌を優しく守るものを取り入れていきたいですね。

秋のスキンケアは優しく、そして冬への準備をしっかりと!

秋はまず「洗顔」で肌を労わることを重視!

秋のスキンケアは優しく
出典:GODMake.

秋の肌はたっぷり紫外線を浴びてしまっている状態なので、まずは優しく労わってあげましょう。例えば、肌の汚れを落とす洗顔料に関しては洗浄力がそこまで高くないものを選ぶことで、肌にとってはそれだけで刺激を抑えることが出来ます。

洗い方はあくまでもゴシゴシと力を加えず、優しく指をすべらすような力加減が望ましいでしょう。

紫外線を浴びたボロボロ肌に十分な「保湿」を!

紫外線を浴びたボロボロ肌に十分な「保湿」を
出典:GODMake.

たっぷり日差しを浴びた夏を過ぎた肌は、いつもの肌コンディションよりも乾燥を感じやすい時期です。夏に紫外線の影響を受けた肌に対して、秋にしっかりケアできていないと、乾燥のピークである冬場に、乾燥したままの状態を引きずってしまう可能性も…。だからこそ、秋のスキンケアをしっかりしてあげることがとても大切なんです。

冬に悲しい思いをしないために、秋のうちにたっぷりと保湿をすることを心掛けて、理想的な肌をキープしたいですよね。

また紫外線を夏にたっぷりと浴びた後の肌は、肌のバリア機能がくずれてしまっている状態になりますので、角質層の水分を補うことが出来るものを選ぶことがおすすめです。成分で見てみると、夏のインナードライ肌対策に活躍したセラミドの成分は、秋のスキンケアにも引き続き取り入れたい成分なんですよ。

内側からの美しさを磨くことで、よりうるおいに満ちた肌に近づくことでしょう。

内側から食べものやサプリメントで「栄養補給」!

内側から食べものやサプリメントで「栄養補給」
出典:GODMake.

外側からのスキンケアだけではなく、日頃取る食事などの栄養も秋の肌状態をキープするためにとても重要なんです!特に秋はうるおいをしっかり摂れる食事を心掛けるといいですね。

例えばターンオーバーを正常に促してくれるビタミンC、皮膚の成長をサポートしてくれるビタミンB、トコフェロールとも呼ばれ血行促進をサポートしてくれるビタミンEなどの栄養素にうるおいがたっぷりと含まれているので、積極的に摂取するのがおすすめです。

バランスの良い食事が理想的ですが、なかなか1日3食では思った通りに補うのが難しいという方は、食事の補助としてサプリメントを取り入れるのもいいでしょう。

ちょっとした心がけで、ゆらがない乾燥知らずの肌へ!!

ちょっとした心がけで、ゆらがない乾燥知らずの肌へ
出典:GODMake.

秋の肌に対する意識を持つことで、肌も少しずついい状態へと変化するといいですよね。特別なことではなくすぐにでも始められることばかりなので、秋の肌トラブルに悩む前にちょっとした心がけをするのがいい方向へと進むきっかけになるかもしれませんね。

情報提供元:GODMake
記事名:「季節の変わり目の正しいスキンケアで、ゆらぎ肌に悩まない!!