一重まぶたを“二重”のように見せたい

一重まぶた
出典:GODMake.

一重まぶたの人の中には、二重まぶたに憧れて、アイプチやメイクで少しでも一重を二重のように見せたいと思う人もいることでしょう。もちろん一重まぶたにもスッキリとした美しさがあり、魅力的なものです。とはいえ、メイクでさらに目を目立たせて、魅力的に見せることが出来るのであればやってみたいものですよね。

一重のまぶたの場合、どうしても目が小さく、少し重く見えてしまうことがあります。このため、メイクをする際には一工夫が必要。メイクの時にまぶたに少し強めのメイクをすることで、一気に重さが抜け、スッキリとした印象深い目になることが出来るのです。

一重まぶたに“アイライン”は必須

一重まぶたにアイラインは必須
出典:GODMake.

一重まぶたの人が目を大きく見せたいのであれば、アイラインは必須です。中途半端にブラウンのラインを引くよりも、思い切って漆黒のアイラインで、目の印象をしっかりとつけましょう。

アイラインはリキッドがおすすめです。とはいえ、リキッドはメイクテクニックを必要とするので、最初のうちは使いやすいペンシルでもOKです。

写真のように目のふちに沿って、太めのラインを黒でしっかりと引いていきます。こうすることで、二重の人と同じくらい目力が増し、二重でなくとも大きな目に見えるようになります。少し大胆なくらいのメイクが、一重を印象付けるには必要です。思い切って太めに引きましょう。

アイシャドウは“自然なブラウン”でグラデーションを

一重まぶたを目立たせるのはアイラインですが、力強く引いたアイラインを浮かせない方法は、アイシャドウの上手な塗り方です。基本は肌なじみの良いブラウンのアイシャドウを使い、2色以上のグラデーションを作りましょう。

グラデーションを作るコツは、濃い色から先に置いていって、最後に薄い色を全体にかぶせ、境目をうまくぼかすことです。グラデーションが不自然だと、いかにも塗ったという印象の目元になり、アイラインが張り付けたように見えてしまうこともあるので、アイシャドウは丁寧に塗るようにしていきましょう。

不自然感が出やすいので、“マスカラ”はつけなくてもよし

つけるとどうしても不自然な印象を与えてしまいやすいのがマスカラです。マスカラは落ちやすく、綺麗に塗るにもテクニックが必要。もちろんつけることで目が大きく見える効果は上がりますので、つけてもよいですが、苦手であればなくてもOK。

その代わり、ビューラーを使って、まつ毛についたファンデーションをしっかりと落しつつ、まつ毛を上にあげておきましょう。まつ毛にファンデーションがついていると、まつ毛の黒の印象が薄れ、目を小さく見せてしまいます。まつ毛にファンデーションが付いたときは、丁寧に落としておきましょう。これだけでも、目の印象はかなり変わってきます。

自分に合った自然なメイクで目力アップ

自分に合った自然なメイクで目力アップ
出典:GODMake.

顔立ちが人それぞれであるように、自分に合ったメイクもそれぞれです。自分に合ったメイク法を選んで、自然に大きく見えるメイク術を手に入れましょう。

それには、なんといっても試してみること。メイクはひたすら、実践あるのみ!です。さっそく挑戦してみましょうね。

情報提供元:GODMake
記事名:「“一重まぶた”を二重っぽく見せるメイクテクニック