夏場は、肌の質感の変化が激しい時期です。ベタつきやすいと思ったら、実は乾燥も気になりやすかったりするんですよね。肌のお手入れがとても難しいです。

今回の記事では、「カサつき」も「ベタつき」も気にならない肌に近づくためのコツをご紹介します。

夏場の肌ってどんな状態なの?!

夏場の肌は皮脂が過剰に分泌され、ベタつきやすい肌

夏場の肌
出典:GODMake.

夏になると汗が過剰に分泌しますよね。そうすると、おでこやTゾーンのテカリが特に気になります。汗には、ベタベタ汗とサラサラ汗の2種類があり、「ベタつく」という印象を持つ汗は、ベタベタ汗の可能性が高いです。

ベタベタ汗は、実は水分不足の証拠なんです。人間の本能として、肌に水分が足りていないと自分自身で「補おう、補おう!」とするわけです。それがベタベタ汗となって肌にあらわれるのです。ベタつき=乾燥のサインということになります。

表面はベタつき、内側は乾燥のインナードライ肌の可能性も!!

インナードライ肌
出典:GODMake.

夏場は乾燥しにくいと考えてしまいがちですが、空調や紫外線などの外部刺激の影響により乾燥で悩みやすいんです。表面がベタついて、内側が乾燥してしまっている肌をインナードライ肌といいます。一見、うるおっているような状態ですが、実はふたを開けてみるとカサカサの乾燥肌になってしまうインナードライ肌で悩んでいる方って実は多いようなんです。

夏場に悲しい思いをしないように、日々意識してインナードライ肌対策のスキンケアをすることで、コツコツ夏に強い肌を作り上げていきたいですね。

「ベタつき肌」と「カサつき肌」になってしまった時の改善方法!

ベタつき肌とカサつき肌
出典:GODMake.

もし、ベタつき肌やカサつき肌に悩んでしまった場合、どうしたら健康的な肌に戻ることが出来るのか、具体的にお話していきたいと思います。

1. 「さっぱり洗顔」と「しっとり保湿」を心掛ける!

My skin feels amazing!
出典:GODMake.

一番に、日頃の洗顔と保湿の徹底です。とても基本的なお話かもしれませんが、基本的なことを忠実に守ることってとても大切なことなんですね。夏場は特に、汗をかいて肌への汚れの付着が多いです。だからこそ、洗顔で隅々までさっぱりと汚れを落としてあげたいです。洗浄力の高い固形の石けんは、この時期特におすすめの形状です。

洗顔の後は、保湿をたっぷりとしてあげることです。夏場は、しっとりタイプのスキンケアは避けてしまいがちですが、高保湿のものがあると心強いです。まずはしっとりを保湿成分で肌に補うことで、カサつき肌とサヨナラしたいですね。

2. 食生活のバランスを取ることを心掛ける!

食生活のバランスを取る
出典:GODMake.

夏場はどうしても、夏バテなどが原因で簡単な食事になってしまっていませんか?簡単な食事にしてしまうと、余計に栄養バランスが乱れ、体や肌にも悪影響が見られるようになってしまうのです。

食べ物には肌の調子を整えてくれるものもあるので、体の内側から栄養バランスを見直すことで肌質の改善が期待できます。体の内側から、体や肌にいいものを摂ることを心掛けて、美しい肌を手に入れたいですね。

3. ストレスを溜めこまない生活を送ることを心掛ける!

ストレスを溜めこまない生活を送る
出典:GODMake.

生活を送ると人は、どうしてもストレスを抱え込んでしまうことがありますよね。そのストレス、体や肌にも影響を与えてしまうことがあり、肌で見ると発疹や抜け毛などが起きてしまうことがあるのです。

ストレスをジャンクフードやスイーツなどを食べて発散してしまいがちですが、そうすると先程もお話したように、体や肌に影響を及ぼしかねません。ストレスは、森林浴やジョギングなど自然に触れ合うものだったり、趣味などで発散することがおススメです。

日頃の生活を見直すと、肌トラブルもコワくない!

肌トラブルもコワくない
出典:GODMake.

夏に抱えやすい「ベタつき肌」と「カサつき肌」。健康的な肌に戻すことがとても難しそうと思われがちですが、実は日常生活を見直してみることで、案外解決できる問題ということが分かりました。毎日の自分の行動を振り返って、無理のない範囲で出来ることから改善していきたいですね。

情報提供元:GODMake
記事名:「夏の「カサつき」と「ベタつき」は皮脂が原因!?肌トラブルを改善する3つの方法!!