しっかりメイクを落とす

しっかりメイクを落とす
出典:Shutterstock

まずは、メイクを早急に落とすところからです。しっかり完璧に、洗い残しがないようにメイクを落としましょう。

しっかりとは言っても、ゴシゴシ強く洗ってはいけません。メイクをしたままで弱った肌に、かえってダメージを与えてしまうことになるので、あくまでも丁寧に落とすことが大切です。たっぷりのクレンジング剤を手に取って、優しく肌になじませていきましょう。手のひらや指の腹で、くるくるとメイク汚れを落とすようにしてください。

クレンジング後の洗顔も丁寧に完璧に行います。しっかり石鹸を泡立てて、手のひらではなく泡で肌を洗うようにしましょう。メイク汚れが残りやすい、小鼻あたりやまつげのキワあたりは、特に入念に洗うようにしてください。

最後のすすぎは、シャワーを直接顔にあてず、ぬるま湯を手ですくってやさしく洗い流します。洗顔にかけた時間の2倍ほどの時間をかけて、すすぎを行いましょう。

スキンケア前は蒸しタオル

スキンケア前は蒸しタオル
出典:Shutterstock

洗顔後、すぐにスキンケアに移るのがいつものルーティーンだと思います。しかし、メイクしたままで寝た後の肌は、いつもより極度に乾燥した状態になっていることが多いので、まずは蒸しタオルの蒸気で肌を保湿し、なおかつ肌を温めて血液の巡りを促しましょう。

蒸しタオルは、タオルを水で湿らせて、レンジで30~40秒ほど温めるだけで出来上がります。家庭の電子レンジの電力によって、温める時間は変わってくるので、熱くなりすぎないように様子を見ながら温めましょう。

いつものスキンケア+シートマスク

いつものスキンケア+シートマスク
出典:Shutterstock

肌を十分に温めた後は、スキンケアに入ります。ただ、上記でも述べたとおり、いつもより肌の乾燥が著しい状態なので、いつものスキンケアにプラスでシートマスクも活用しましょう。

化粧水は、数回に分けていつもより多めに使って保湿しましょう。そのあと、シートマスクで栄養補給と保湿をします。こういう場合におすすめのシートマスクは、ヒアルロン酸などが含まれた高保湿タイプのものか、ビタミンが配合された美白効果のあるものを選びましょう。

最後の仕上げは、化粧水とシートマスクで肌に与えた水分を閉じ込めるように、乳液とクリームで毛穴に蓋をしましょう。

内からの栄養補給も忘れずに

内からの栄養補給も忘れずに
出典:Shutterstock

肌の表面からの保湿と栄養補給が終わったら、体内にも栄養補給をしましょう。

いつもであれば、表面からのケアだけで済まされるかもしれませんが、メイクをしたまま寝た後の肌を究極に労わるためには、内からの栄養補給が必須になります。表面上だけでは、栄養が足りない場合もあるので、意識を高く持つことが大切です。

野菜やフルーツなど、ナチュラルな食材で栄養補給するのはもちろんいいことですが、かなりの量を食べなければいけなくなるので、手軽に栄養補給したい場合はサプリやドリンクでもOKです。ビタミン系の栄養素や、コラーゲン入りのドリンクで素早くケアしましょう。

たっぷり睡眠をとる

たっぷり睡眠をとる
出典:Shutterstock

メイクしたままで寝てしまうときは、肌だけでなく体へのダメージ(疲労)も蓄積されています。1日かけてしっかり肌のケアをした後は、たっぷりの睡眠をとりましょう。

肌のゴールデンタイムと言われている、午後10時~午前2時までの間は必ず寝ておきましょう。そのまま7~8時間の睡眠をとれば、肌と体が大幅に回復されます。

睡眠不足は、肌へのダメージにも関係するので、メイクをしたまま寝た場合だけでなく、日頃からたっぷり睡眠をとることを心がけましょう。

素早いアフターケアで応急処置を!

素早いアフターケアで応急処置を
出典:Shutterstock

いかがでしたか?

メイクをしたまま寝てしまうということは、ほとんどの女性が経験していると思います。もちろん、どんな状況だとしても、きちんとメイクを落としてから寝ることに越したことはありません。しかし、たまに「うっかり…」ということがあった場合は、素早いアフターケアを行うことで、肌の回復を促すことができます。

そんな日は、1日かけて丁寧に肌をいたわるようにしましょう!

情報提供元:GODMake
記事名:「うっかり!メイクをしたまま寝てしまった時のアフターケア