ブルーは使い過ぎ注意!青白くならない程度に

ブルー
出典:Shutterstock

ブルーメイクは、クールな印象を与えるおしゃれ上級者向き。それゆえに使い過ぎには要注意です。何でもかんでもブルーで統一してしまうと、モデル風でかっこよくはなりますが、日常使いではなんだか浮いて見えてしまうことも。

青白く見えてしまうとなんだか不健康な印象も与えますので、基本日常メイクは元気さや健康さを打ち出した方がよいのです。その中で少しだけブルーを取り入れて、クールで大人っぽい雰囲気を演出しましょう。

目の上のブルーは控えめに

アイシャドウ
出典:Shutterstock

目の上のブルーは控えめにしておくのが◎。目の上にバッチリと青をのせてしまうと、かなりそこが目立ってしまいます。モードな雰囲気がOKな場所であれば歓迎されますが、保守的な場面や男性受けはあまりよくないでしょう。

この為、目の上のブルーはたっぷりと使うよりも、程よく効かせる程度にしておくとよいのです。このさじ加減こそ、メイク上級者!うまく使いこなしてレベルアップしましょう。

濃いブルーのアイラインがおすすめ

ネイビー
出典:Shutterstock

ブルーを目元に取り入れたい時は、濃いブルーのアイラインがおすすめ。濃いブルーのラインはきりっとした印象と落ち着いた印象を同時に与えてくれますので、オフィスメイクでもOK。太さを加減することで目立ち加減も調整できますので、うまくすっときれいなラインが引けるように何度か練習しましょう。

ブルーのアイラインはペンシルもよいですが、リキッドタイプが最もおすすめ。青の力がよく出て、目元を涼しげに見せてくれます。少し目を伏せたときなど、ほんのり色っぽく見えて素敵ですよ。

唇にブルーのグロスで涼やかに

唇にブルーのグロス
出典:Shutterstock

唇にブルーを取り入れるときは、思い切り青い口紅を使うのではなく、淡いブルーのグロスをつけるくらいにしておきましょう。

淡いブルーのグロスは唇に清涼感をだしてくれますが、寒々しくなったり悪目立ちしたりするほどではなく、程よいおしゃれ感を演出してくれます。透明なブルーのグロスや少しラメ感があるものを利用して、唇に絶妙な清涼感を出しましょう。特に暑い時期にはおすすめのメイクです。

ネイルは足に取り入れよう

ブルーネイル
出典:Shutterstock

ネイルにブルーを取り入れるときは、手よりも足、ペディキュアに取り入れる方がおすすめできます。手に青を入れてしまうと、かなり目立ちすぎる傾向があり、オフィスなどでは注意される可能性もあるくらいです。

その点、足であれば、靴を履いているときは分からないですし、いざサンダルなどに履き替えたときはハッとするような涼しげな華やかさが楽しめます。

夏のネイルはペディキュアに力を入れて、涼しげな青を楽しみましょう。

マリンネイル

マリンネイル
出典:Shutterstock

青と白の縞模様のマリンネイル。定番ですが、いかにも夏らしく海が似合う、ステキなネイルですよね。おしゃれ感も高くて、大人の女性にも似合う夏のおすすめネイルです。

ラメやストーンを散らしても華やかで素敵に見えますよ。

ターコイズネイル

ターコイズネイル
出典:Shutterstock

ターコイズは青に少し黄色が混じったような色合いで、足に使用すると落ち着きのある宝石のようで素敵です。ただのブルーよりも意欲を感じさせてくれ、おしゃれ感漂いターコイズネイル。ストーンをちりばめてみるのも素敵ですね。

涼しげな青を程よく取り入れて楽しもう

ブルー
出典:Shutterstock

使い方が難しいようにも思える青ですが、うまく取り入れていけばおしゃれ感が増して、ステキな大人の女性にもぴったりです。血色感に気を付けて、やりすぎない程度にほどよくブルーメイクを楽しみましょう。

今年の夏はおしゃれ上級者の仲間入りです。ブルー初心者の方は、ぜひアイラインやネイルから取り入れてみてください。印象も変わって、自分でもドキドキすることでしょう。

情報提供元:GODMake
記事名:「涼しげな青のメイク!ブルーのほどよい取り入れ方