日本人の肌に合ったコーラルカラー

日本人の肌に合ったコーラルカラー
出典:Shutterstock

可愛さと大人な色気の両方を引き出せるメイクにしたい!そんな時におすすめなのが、コーラルメイクです。

そもそもコーラルカラーとは珊瑚色という意味で、オレンジをイメージすると分かりやすいかと思います。コーラルメイクでは、このオレンジがかった色を使ってメイクしていきます。色の組み合わせを上手く使うと、可愛さと大人っぽさを兼ね備えたメイクに仕上がること間違いなしです。しかも、イエローベースの日本人の肌にとても合うのです。

コーラルメイクで大人っぽく見せるには

コーラルメイクで大人っぽく見せるには
出典:Shutterstock

オレンジカラーは、単色で使ったりその色だけを使いすぎたりすると、子どもっぽい印象を与えてしまいます。ポイントをしっかり押さえて、色気をプラスした大人なコーラルメイクを楽しみましょう。

大人っぽいコーラルメイクの一番のポイントは、オレンジを上手く使った色の組み合わせをすることです。

色白さんはイエローベースの下地にする

色白さんはイエローベースの下地にする
出典:Shutterstock

色白の方は、そのままメイクすると肌が浮いてしまいます。元々の肌の色がピンクベースやブルーベースの方は、黄色みをプラスしましょう。イエローベースの下地にすることで、ファンデーションの色浮き防止になり、また黄色みがプラスされることで健康的な肌に見せてくれます。

ここで注意することは、元々の肌がイエローベースの方が黄色みのある下地にしてしまうと、より子供っぽくなってしまいます。そんな時は、ピンクベースの下地を薄く乗せていきましょう。そうすることで、元々の健康的な肌を活かして透明感のある肌に仕上がります。

眉の書き方とカラーで印象が変わる

眉の書き方とカラーで印象が変わる
出典:Shutterstock

眉は、主張が強すぎず、芯のしっかりした印象を与えるように仕上げていきましょう。オレンジを全体的なベースとして使うので子供っぽい印象になりやすいコーラルメイクも、ブラウンを上手く使い、少し長めの眉にすることで、大人っぽい顔にしてくれます。

優しい印象にする眉メイク

細すぎず、存在感をきちんと持たせた眉にすることで、健康的で芯のしっかりした印象を与えます。そして同時に優しく見せるということもポイントです。

まずは、ブラウンのパウダーで毛の流れに沿って眉の間を埋めていきましょう。そしてペンシルで眉尻を少し長めに描いていきます。そして毛の流れに沿って、眉マスカラを付けていきます。

この眉マスカラは、先に使ったパウダーとペンシルよりも少し明るめのブラウンを使うと優しい印象に仕上がります。眉を描いていくときは、平行に若干太く長めにすることがポイントです。

ブラウンを上手に使ったアイメイク

ブラウンを上手に使ったアイメイク
出典:Shutterstock

アイメイクでは、ブラウンを上手に使って、子どもっぽくなりやすいコーラルメイクを大人な雰囲気に仕上げていきましょう。

まずアイホール全体と下まぶたの目尻側に、オレンジの強めなブラウンのアイシャドーを乗せます。そして、必ず周りは指でぼかすようにしましょう。オレンジが混ざっていることで、そのままにしておくと腫れぼったい目元になってしまいます。

次に、チョコブラウンのような優しめカラーのアイシャドーを使って、まつ毛のきわを埋めていきましょう。そしてブラウンのアイラインで目の真ん中から目尻にかけて、ラインを引くというよりは、まつ毛の隙間を埋めるように描いていきましょう。

マスカラもブラックではなく、ブラウンを使うようにした方が、より優しく大人な印象になります。

チークは2色で大人可愛く

チークは2色で大人可愛く
出典:Shutterstock

チークは、コーラルピンクを使います。コーラルだけだと子供っぽくなってしまいますし、ピンクだけだと少し媚び過ぎた感じにもなってしまいます。よりナチュラルなコーラルメイクに仕上げるためには、両方の色が混ざったチークを使いましょう。

チークを乗せる位置は、にこっと笑った時に盛り上がった頬に軽く乗せましょう。この時、丸く乗せるのではなく、真ん中から外に向かって斜め上に乗せると子供っぽくならず、程よく顔が引き締まって見えます。

主張しすぎないリップ

主張しすぎないリップ
出典:Shutterstock

リップは主張しすぎると、老けて見えてしまったり、逆にオレンジ一色だと子供っぽくなりすぎてしまいます。また、マットなリップはコーラルメイクには合わないので、出来るだけうるツヤのグラデーションっぽく仕上げるのがポイントです。

ピンクとオレンジで立体的に

コーラルメイクではピンクとオレンジの相性が抜群!オレンジにピンクを合わせることで、程よく抜け感のある大人可愛いリップになります。

まず、薄めのピンクカラーのリップを唇全体にのせます。軽くティッシュオフしてから、唇の中央と内側にだけオレンジカラーをのせていきます。軽く指でぼかして、グロスを中央にのせて出来上がりです。

ポイントとして、最初に透明の薬用リップをつけたり、もしくはグロスをつけてティッシュオフしてから色をのせていくと、よりうるっとしたリップに仕上がります。

コーラルメイクで健康的に!

健康
出典:Shutterstock

いかがでしたでしょうか?コーラルメイクは、オレンジと他の色々な組み合わせで印象が少しずつ変わるメイクですが、今回はナチュラルに子供っぽくならないコーラルメイクのポイントをいくつかご紹介しました。

肌の色や好みに合わせても無限に簡単に楽しめるのがコーラルメイクです!そして、コーラルカラーを使うことで、疲れを感じさせない健康的な印象を与えてくれます。

これを機会に是非皆さんも、コーラルメイクでナチュラルで健康的な大人女子を楽しんでくださいね。

情報提供元:GODMake
記事名:「「あれ?なんか色っぽくなった?」と思わせるナチュラルコーラルメイク