【5分で出来る薬膳レシピ付き】むくみさんにおすすめ!夏にぴったり♪トマトと小豆とコーンのコロコロサラダ♪

こんにちは。薬膳ライフバランスプランナーの倉口です。薬膳レシピっていうと難しいイメージがありますか?でも、そんなことないんですよ。今回ご紹介するレシピは切って和えるだけの簡単レシピ♪誰でも美味しくいただけますが、特にむくみに悩んでいる方におすすめ薬膳レシピです。

トマトと小豆とコーンのコロコロサラダの作り方

●材料 (1人分)
・トマト・・・1個
・茹で小豆(無糖のもの)・・・30グラム
・コーン・・・30グラム
・大葉・・・3枚
・白ごま・・・適量
・ごま油・・・適量
★酢・・・大1/2
★しょうゆ・・・小1
※酸味が苦手な方は、少しオリーブオイルを入れるとマイルドな酸味になります。
※酢としょうゆのバランスは、味を見て好みの味に調整してください。

●作り方 (所要時間:約5分)
1. トマトをくし形に切り、それをさらに半分に切る。
2. 大葉を細かく刻む。
3. 切ったトマト、大葉、茹で小豆、コーン、白ごまをボウルに入れ★の調味料をいれ混ぜる。 

トマトと小豆とコーンのコロコロサラダ

むくみには小豆がとてもおすすめ!「茹で小豆」を活用して

中医学では、むくみは体の中に余分な水分がたまった水毒(すいどく)が原因と考えます。長時間同じ態勢でいることや水分、塩分の摂りすぎなどによって引き起こされるとされます。

余分な水分が溜まっているということは、溜まっている水分を外に出してあげることが必要ですよね。そのためにはライフスタイルと食事を見直して意識していくことが大切です。

食材は「利尿作用」があるものを日々の食事で選んでみましょう!今回のレシピでは小豆とトウモロコシ(コーン)がその働きをしてくれます。特に小豆は利尿作用のパワーが強いので、むくみを感じやすい人に特に意識して食べて欲しいところ。

と、いっても小豆なんて茹でるの面倒くさいよ!と思うかもしれませんが、今はパックで茹でたものが売っています。そちらを使えばとっても簡単♪もちろんご自宅で小豆をコトコト煮るのも素敵な時間ですよ。

小豆はおしるこなど和のイメージが強いかもしれませんが、実は無糖の物を使用するとこのようにサラダにしたりもできますし、お粥にスープに、煮込みにとバリエーションが豊富な食材です。

小豆

むくみタイプさんは「気を巡らせる」

余分な水を出すほかにむくみ人には「気を巡らせる」ことも大切なんです。

と、言うのも水をスムーズに動かすためには、気が巡っていないとスムーズに巡ってくれません。ですので、利尿作用のある食材にプラスして気を巡らせていきましょう!今回はそのために大葉を入れています。味もとても美味しいですが、気を巡らせてくれるパワーもあるので大葉はストックしておきたい食材ですね♪

食材で水分をとることも大切!

今回トマトを使用したのは、夏はどうしても水をガブガブ飲みたくなるため、食材から水分をとることも意識してほしいなという思いからです。トマトは体に必要な潤いと暑さでやられた体をクールダウンしてくれる食材です。

夏は水分補給ってとても大切ですが、水の飲み過ぎはむくみの原因にもなるし、冷えの原因にも繋がります。ですので、こういう食材で補うということも意識してください。

今回はトマトの赤、コーンの黄色、大葉の緑を使って見た目も華やかに、そして夏の食欲が落ちる時期にさっぱり頂けるように酸味をきかせて作りました。ぜひこのサラダ作ってみてくださいね♪

Photo by fotolia

情報提供元:美ラボ
記事名:「5分でできる薬膳レシピ!夏のむくみ予防に「トマトと小豆とコーンのコロコロサラダ」