たった1つで2つのお悩みを一気にクリア!背中と二の腕のたるみが解消できる一石二鳥エクササイズ

東京都内でストレッチを用いたコンディショニング指導をしている、パーソナルトレーナーの町田晋一です!これから夏に向けて、「お腹や下半身も気になるけれど、背中や二の腕のたるみも気になる…」という方も多いのではないかと思います。そこで今回は、時間がない方でもできて、尚且つおうちで続けられる、1つで背中と二の腕引き締めという2つの効果が得られるエクササイズをお伝えしましょう!

スッキリした背中とほっそりした二の腕が得られるエクササイズ

ではエクササイズを行ってみましょう!

1.うつ伏せになり胸を起こし、両腕は手のひらを下に向けてカラダの横に床から浮かした状態で構えます(写真上)。

2.そこから息を吸いながら左右の肩甲骨をくっつけるイメージで内側に寄せ、次いで両腕を上に上げて3秒間キープし(写真下)、息を吐きながら1のスタートポジションへ。

顔を上げてしまうと頚椎への負担が大きくなりますので、顔を上げないようにします。また、上体を反らさないように気をつけましょう。上体を反らしてしまうとターゲットとする筋肉が変わってしまうため、背中と二の腕引き締め効果が得られないばかりか腰痛の原因にもなるからです。

15~20回を1分程度の休憩を挟みながら3セット行ってみましょう。続けることで、夏に向けてスッキリした背中とほっそりした二の腕をGETできるハズです!

エクササイズ

「背中&二の腕引き締めエクササイズ」をより効果のあるものにするには

いかがでしたか?背中と二の腕に効きましたか?

今回ご紹介したエクササイズは、肩甲骨を内側に寄せることで菱形筋や肩甲挙筋といった肩甲骨内側の筋肉が、腕を上に上げる動作により背中の筋肉である広背筋と腕の筋肉である上腕三頭筋が鍛えられ、背中と二の腕引き締め効果が期待できます。

「説明通りのやり方でエクササイズをしてみたけれど、背中と二の腕にあまり効いた感じがしない…」という方は、動きが制限されてターゲットとする筋肉が十分に収縮できていない可能性が考えられます。その場合、このエクササイズに取り組む前に、ストレッチで動きの制限をクリアしておく必要があります。

ということで次回は、背中&二の腕引き締めエクササイズをより効果のあるものにするストレッチをご紹介したいと思います!

Photo by fotolia

情報提供元:美ラボ
記事名:「背中、二の腕のたるみ問題を一気にクリア。一石二鳥のエクササイズ