パーティにも!アラフォーのリトルブラックドレスの選び方

「黒にはすべてがある。白も同じ。その美しさは絶対的なもの。」という言葉を残した、世界的有名なファッションデザイナー、ココ・シャネル。彼女はこれまで喪服として扱われていた黒を最高にファッショナブルなオシャレとして昇格させました。以降、私達にとってブラックドレスはなくてはならないもの。今回は大人の女性、中でも40代の女性にオススメするリトルブラックドレスの選び方についてご紹介します。

丸襟・ノースリーブがベストマッチ

ブラックドレスは黒一色で、無難でつまらない印象にもなりやすいです。そのため袖や襟まわりに凝ったデザインを施しているアイテムも多いですが、ここは抑えて敢えてシンプルに。袖も出来ればノースリーブで体にフィットした丸襟を選んでください。何も施さないミニマルさがリトルブラックドレスの基本なのです。

そして、40代の方は肌見せをしないものを無意識的に選んでしまいますが、全身がブラックな場合、やはりどこか一点に肌見せは必須。胸元を開けるよりも袖をノースリーブにすることでヘルシーな色気を表現できます。

丸襟・ノースリーブ

フィットアンドフレアはベルタイプを

上半身は体にフィットしたデザインで、ウエストからふんわりするフィットアンドフレアのワンピースは女性の永遠の憧れですよね。さながら1950年代のシネマ映画に出てくるオードリー・ヘップバーンのようにスタイリングしたいものです。

数ある中でオードリーのような上品なシルエットを目指すなら、フレアスカートの広がりに注目しましょう。あまりボリュームが出すぎているギャザースカートは、より可愛いらしい印象になってしまってアラフォー向きとは言えません。

腰骨あたりだけが、ふんわりして、裾に向かって緩やかに広がるベルタイプのスカートであれば40代の女性にも似合うリトルブラックドレスになるでしょう。

マキシ丈はIラインのスリットドレス

先ほどとは逆に、スラリとしたシルエットを表現するなら、マキシ丈かアンクル丈のIラインワンピースが良いです。身長が高めの160cm以上の女性は特にこうした、シンプルなカッティングのワンピースは似合うので、是非試して頂きたいです。

足まわりがしっかりカバーされているので、下半身太りが気になる方も上手に着こなせますよ。できれば、サイドもしくはバックにスリットがやや深めに入っているアイテムが上品で望ましいです。ロングの一連パールで洗練さと上品さを身につけて。

マキシ丈はIラインのスリットドレス

大人に似合うLBDを手に入れて

年齢を重ねれば重ねるほど、その年に見合う美しい黒が欲しいもの。流行りの色や柄に左右されない、唯一無二で絶対的な存在こそが、「黒」なのです。40代を輝かせるリトルブラックドレスをぜひ、手に入れてくださいね。

Photo by fotolia

情報提供元:美ラボ
記事名:「大人女性は持っておくべき。40代に似合う“リトルブラックドレス”の選び方