格段にお買い物が楽しくなる!販売員さんとの上手なコミュテク

お買い物を自由気ままにしたいけれど、正直お店の販売員さんが苦手。という方も多いのではないでしょうか。確かにショップによっては、ことあるごとに声をかけてくるスタッフさんもいますよね。今回は、苦手に感じてしまいがちなショップ店員さんとの上手なコミュニケーションテクニックをご紹介します。

まずは目的を伝える

「良かったら広げてみてくださいね」という、お決まりの言葉で声をかけてくる店員さん。一度くらいなら良いのですが、何度も声をかけてこられる店員さんも多いですよね。ここで私達がイヤだなと思うのはゆっくり見たいのにそれを邪魔されることなはず。

なので、買う目的がなくゆっくり見たい場合は「特段買いたいモノがあるワケではないんですが、何か欲しいのがあれば声かけますね。」と予め目的を伝えると、しつこく声をかけられることがなくなります。

もしくは具体的に欲しいアイテム、パンツやトップス、春モノの新作などがあれば、欲しいアイテムと予算を伝えれば、それに見合うオススメのお洋服を持ってきてくれますので、思い切って伝えてみるのも良いですね。

販売員さんとの上手なコミュテク

ショップ店員さんならではの着こなしを聞く

これは、私がよく聞いている質問ですが「お姉さん(お兄さん)なら、このアイテムをどう着こなしますか?」と聞くと、自分では考えつかなかった着こなしのアイディアを貰えます。お洋服のお手入れ方法や、着こなしの幅、その服を購入するにあたってのメリットなどはやっぱり店員さんが一番知っています。

また、具体的に詳しく聞き込んでいくと、店員さんの販売力も試されます。しっかり受け答えのできる店員さんであれば、そのショップは水準が高いので商品自体も安心して購入出来るのではないでしょうか。

販売員さんを味方にしよう

本来販売員さんは、押し売りをするための存在ではなくお客さまの買い物を気持ちよくサポートするために存在するもの。もちろん、中には無理矢理売り込もうとする店員さんもいますが、ちゃんと真摯に対応してくれる店員さんもたくさんいますので、ぜひしっかり見極めましょう。店員さんのサポートを活かしてお買い物を存分に楽しんでくださいね。

Photo by fotolia

情報提供元:美ラボ
記事名:「格段にお買い物が楽しくなる♡アパレル店員さんとの上手なコミュテク