株式会社 学研ホールディングスのグループ会社である株式会社TOKYO GLOBAL GAYEWAYと株式会社学研プラスは、グローバルスカイ・エデュケーション株式会社も含めた3社共同で開発した体験型英語学習サービス「VIRTUAL GLOBAL GATEWAY」の提供を、2020年11月30日(月)より開始することを発表しました。

このサービスは、コロナ禍の中で実施が困難になっている対面式での英語授業や海外留学等の機会を、VRで再現しています。

そのため学校や企業・自宅にいながらでも、リアルな英語体験を可能にしています。


VIRTUAL GLOBAL GATEWAYとは

「VIRTUAL GLOBAL GATEWAY(VGG)」は、2018年9月に東京都江東区にオープンした体験型英語学習施設「TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)」をVR化した体験型英語学習サービスで、2020年11月30日(月)のリリースが予定されています。

このサービスは、TGGの中心的な利用者層である児童・生徒の他、

・大学や専門学校の学生

・企業の研修部署

・一般の英語学習者

を対象にしています。

イメージ

海外の様々な場面での英会話を体験

このサービスのユーザーは、学校やオフィス・自宅に居ながら、VR空間内の海外のカフェや食料品店・飛行機機内といった様々なシチュエーションでリアルな英語講師と出会い、双方向なコミュニケーションを通じて英語を学習します。

そのため実践的な英語活動や異文化を体験できるという、これまでに無かった全く新しい体験をしながら学ぶ英語学習サービスが実現されています。

イメージ

対面での学習が難しい今ならでの英会話サービス

昨今のコロナ禍の影響で、海外留学や対面による英語授業の実施・異文化体験は困難な状況にあり、それは今後も続くことが予想されています。

そんな状況を打破するために、TGGがこれまで構築してきた実践的な体験型英語学習や異文化体験を、VR技術を使って再現できるサービスが開発されました。

これによって、“いつでもどこでも”できる実践的な英語活動や異文化体験を提供することが可能になっています。



今後もいろんなシーンの再現へ

同サービスは今後、カフェや食料品店などTGG内のシチュエーションに加え、

・留学先のキャンパス

・宇宙空間

・深海散策

といったVRならではのユニークな異文化体験とレッスン内容が追加されていく予定になっています。

イメージ

まとめ

新しい体験型英語学習サービス「VIRTUAL GLOBAL GATEWAY」が、11月30日から提供開始されます。

このサービスではVR空間に再現された様々なシーンで、英会話講師と双方向のコミュニケーションを取る形で、より実践的な英語を学ぶことができます。

VRでは通常では経験できないことを疑似体験することができるので、言葉や映像を通じた指導よりもより効果的な学習ができそうですね。

宇宙や海底を舞台にしたりといった、VRならではのシーンで体験できるというのもユニークです。

身に付きやすい学習方法としても、VR技術は今後ますます重宝されていくかもしれません。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]








The post VR空間で英会話を体験学習!「VIRTUAL GLOBAL GATEWAY」提供へ first appeared on VR Inside.

Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VR空間で英会話を体験学習!「VIRTUAL GLOBAL GATEWAY」提供へ