株式会社無重力は、LiDARを搭載したiPad Proで、現実世界の物をARにCOPY & PASTEすることができるアプリ「AR COPY & PASTE」の配信を開始したことを発表しました。


「AR COPY & PASTE」とは?


LiDARを搭載したiPad Proで、現実世界の物をARにコピーペストすることができるアプリです。

アプリ概要

・LiDARスキャナ搭載iPad向けの技術デモンストレーションを目的としたアプリです

・ iPad Pro11インチ第2世代および、iPad Pro12.9インチ第4世代でのみ動作します

・無料で利用できます(広告表示あり)

AR COPY & PASTE 機能概要

コピー機能〈COPY〉


・LiDARスキャナで取得した空間のメッシュデータを元に3Dデータを作成します。

・表示された円内に映る物体を3Dデータ化します。

・円の大きさは、画面上部のスライダーで変更することが可能です。

削除機能〈DELETE〉


・3Dデータの不要な部分をなぞって削除が可能です。

貼り付け機能〈PASTE〉


・コピーした3DデータをARで配置することが可能です。

・TOP画面左上のボタンから保存済みの3Dデータを利用することも可能です。



「AR COPY & PASTE 機能」を活用して子供の成長を記録


本アプリを元にした「子供の成長記録サービス」が開発されています。

2020年冬、配信予定となっており、現在、事前登録を受け付けています。

事前登録受付

LiDAR(ライダー)は、Light Detection and Ranging(光検出と測距)の略で、発光した光が物体に反射して戻ってくるまでの時間を計算して、対象物までの距離を測定する技術です。

LiDARの技術は、1960年代から地形や気象の観測で使われており、最近では自動車の自動運転技術に必要不可欠な技術として注目を集めています。

LiDAR搭載でiPad Proは「拡張現実のための世界最高のデバイス」へ

通常、LiDARスキャナーが搭載されるのは、【3Dスキャン建物】【土地】などの計測に利用するための商用および産業用機器となっており、家庭用のモバイルデバイスには、これまで搭載されることはありませんでした。

Appleの新しいカスタム設計のLiDARスキャナーは「ナノ秒の速度」で動作し、物体から最大5メートル離れた場所でも動作するのが特徴です。

このことにより、部屋をより正確なARシナリオにマッピングすることができます。

まとめ

「AR COPY & PASTE」では、平面画像をコピーするのではなく、物体を立体(3D化)としてコピペすることができます。

生活の中での活用シーンが浮かびませんでしたが、今冬にリリース予定の「子供の成長記録サービス」では、記録としてだけでなく、記念となるような子どもの成長のリアルな様子や、幼かった自分と成長した自分を比較できるような素敵な映像としてARで記録が出来そうですね。

ソース:「AR COPY & PASTE」に関するプレスリリース[PR TIMES]








The post リアルな物体をARにコピペ!LiDAR搭載iPad Pro向けアプリ「AR COPY & PASTE」登場 first appeared on VR Inside.

Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「リアルな物体をARにコピペ!LiDAR搭載iPad Pro向けアプリ「AR COPY & PASTE」登場