計測テクノロジー業界のリーダーであるライカ ジオシステムズ株式会社は2020年2月20日(木)、重要文化財の3D計測とVR展示を支援した最新事例を発表しました。


重要文化財の3D計測とVR展示を支援した最新事例について

今回発表された事例は、ライカジオシステムズ社が、重要文化財に指定されている京都文化博物館において、小型で軽量な3Dレーザースキャナーを用いて点群データを取得し、VRコンテンツ作成を支援したものです。

制作されたVRコンテンツは、2019年の秋に開催された『辰野金吾没後百年 文博界隈の近代建築と地域事業展』にて、バーチャルツアーとして来場者に公開され、文化財の魅力を伝える新たな展示手法として注目を集めました。

プロジェクトには株式会社エリジオン、株式会社神戸清光、京都土地家屋調査士会も参画し、小型で軽量な3Dレーザースキャナー「Leica BLK360」によって

・京都文化博物館の別館の外観

・別館内側のホール

・屋根裏

までが全て計測されました。

取得された大量の点群データは、エリジオン社の大規模点群処理ソフト「InfiPoints」で加工され、VRで閲覧するためのデータを成果物として作成されました。




3Dレーザースキャナーで取得した点群から作成したVRデータについて、京都文化博物館学芸員の村野正景氏は、

「いわば仮想空間に構築された高度に精巧なレプリカです。

展示期間中は日頃から建物に親しんでいる近隣の方もVR体験をされました。

近くで見ることが難しいスレート屋根や、鳥のように建物を見下ろして飛び回りながら建物の内外を閲覧できることに感動されていました。

ほかにも今回の展示では、車椅子でご来場された方から、「自由に館内を動き回れたようだ」と感想をいただきました。VRはバリアフリーにも貢献できるかもしれません。」

引用元:「重要文化財の3D計測とVR展示の支援事例」に関するプレスリリース

と述べ、新たな展示方法の可能性に期待を膨らませています。

また、ライカジオシステムズ 社長 日比氏は、据置型の3Dレーザースキャナーを使用した経緯について、

「昨今、工事現場等でドローン測量が注目されており、今回のプロジェクトでもドローンで計測を行うかという案もありました。

しかし京都文化博物館はドローン飛行許可が必要な区域にあるため、安全面と申請手続きにかかる時間を鑑み、持運びがしやすい据置型の3Dレーザースキャナーが最適だったのです。

屋根など高いところの外壁は近隣の建物の屋上からスキャンし、屋内でスキャンした3d点群データと合体させることにより、建物の内外を自由に移動できる魅力的なVRコンテンツ作成に寄与できたと自負しています。

これらの現場作業は休館することなく数台の3Dレーザースキャナーを使い、正味2日間で終えることができました」

引用元:「重要文化財の3D計測とVR展示の支援事例」に関するプレスリリース

とコメントしています。

同社は、文化財や史跡などの保護や研究という観点だけでなく、魅力をアピールするためのVR等のコンテンツ作成という観点からも、引き続き支援していくとしています。

まとめ

昨今、博物館では、扱う範囲を収蔵庫内の資料にとどめず、周囲の景観なども含め博物館としての役割を果たすことが求められており、変革の時を迎えているといいます。

そのような中で、3D計測やVR技術を取り入れた新しいアピール方法は、効率的な文化財研究・保護と魅力的な展示方法の両面からも、これから積極的に活用が進んでいくでしょう。

ソース:「重要文化財の3D計測とVR展示の支援事例」に関するプレスリリース[PR Times]








Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「重要文化財の3D計測とVR展示を支援!京都文化博物館において3D点群データを取得した最新事例発表