令和創業のITベンチャーHappyLifeCreators株式会社は、新型コロナウイルス流行への対策としてVR技術を活用したテレワークを実施したことを発表しました。


社員が安全に働ける環境の整備へ

HappyLifeCreators社では、台風や大雨などの自然災害や感染症流行時でも社員が安全に働ける環境についてテレワーク及びVR会議について導入を検討しました。

​​VR会議・テレワークの導入目的

新型コロナウイルスなどのパンデミック発生時や災害など、出社によって社員の安全が脅かされる事態にも業務継続を可能にすること。

事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)の策定。

概要

実施日:2020年2月7日

VR会議:11時~ / 14時~ 計2回実施(各回約20分)

対象人数:5名(エンジニア3名、営業事務1名、広報1名)

使用ツール:Oculus Quest、VRChat、Slack

導入の背景

昨年末、社員の家族がインフルエンザに罹患しましたが本人には症状がなかったため出勤したところ、勤務中に発症し、職場で感染が拡大する事態となりました。

HappyLifeCreators社のように従業員数が少ない会社では職種ごとに担当者が固定されていたり、一人しかいない場合も多く、職場で感染が広がった場合には業務継続が困難になります。

そうした状況下で新型コロナウイルス流行の兆しを受け、緊急時の対策としてテレワークの試験導入が行われました。

導入への懸念点

HappyLifeCreators社では会話から生まれるアイディアやイノベーションを大切にしているため、テレワークにより社員同士のコミュニケーション不十分となり、業務に影響することが懸念されました。

また、事務や広報など業務を数値化しづらい職種についてテレワークの効果測定をどのように行うのかという課題がありました。



導入結果~アンケートに寄せられた意見


「テレワークを経験してみてどう感じたか」という視点で、社員に対してアンケートが実施されました。

メリットに感じたことは?

・通勤がないので1日の疲労度が全然違う。

・顔が見えないので化粧や身だしなみなどの準備が楽になった。

・これまでずっと自宅作業は集中できないと思い込んでいたが、いざやってみると意外と集中できた。

・会議の時間がいつもより早く終わった。

デメリットに感じたことは?

・誘惑が多いので油断すると集中が途切れてしまう。

Q.社員同士のコミュニケーションは取れていましたか?

・(VR会議では)全員がアバターの格好をしているのでむしろ普段より距離感が近く感じた。

・アバターの格好でも声は本人なので普段通り会話できた。

・Web会議でよくあるタイムラグもほとんどなく快適だった。

Q.業務に集中できましたか?

・最初の1時間くらいは慣れなかったが徐々に集中できた。

・電話に出なくていいので作業効率が上がった。

 

アンケートでの効果測定については課題が残るものの、懸念されていたコミュニケーション不足については問題がないことがわかりました。

▲VR会議中の社員の様子

▲VR会議中の社員の様子[

今後について

HappyLifeCreators社は、今回のテレワーク試験導で見えてきた課題

・効果測定

・セキュリティ

について強化し、ワークライフバランスの実現や優秀な人材確保へと繋げたいと考えています。

また今後、テレワーク導入を検討されている企業向けに得意分野であるVR技術を活用した支援を積極的に行っていくとしています。

まとめ

VR会議についての詳細は不明ですが、VRChatを利用して社員相互のコミュニケーションを図ったようです。

企業の大小にかかわらず、コミュニケーションが円滑に行えることがテレワークでは重要になると思います。

Web会議やテレビ会議でも相手の顔を見ながらコミュニケーションを図れるメリットはありますが、参加者が多い場合の通信環境の整備などの課題があります。

VR会議では、VR空間に集まってコミュニケーションが図れるので、遠隔地にいながら距離感が近く感じられ、同じ資料を一緒に見るといった感覚になります。

現在、新型肺炎の流行により、テレワークを実施する企業が増えていますが、これを気にVR会議の導入を検討する企業も増えそうですね。

ソース:VR技術を活用したテレワーク[PR TIMES]








Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VRで円滑なコミュニケーション!VR会議とテレワークで危機的状況下でも業務を継続可能に