株式会社カシカは、3D作成・AR技術を活用したスマートフォン向け物体共有サービス『カタチスペース』のiOSアプリを2月14日リリースしたことを発表しました。


『カタチ』を撮影してARでシェアしよう


「カタチスペース」アプリは、

・カタチ(3Dデータ)の作成

・カタチをAR実寸サイズで表示

・カタチをリンクでシェア

ができるアプリです。

アプリ開発の背景

3DやARを用いたサービスは数多く、生み出され、ARや3Dを日常的に見られるようになってきました。

しかし、自分で作成するには技術や専用ツールが必要です。

カシカ社は、3DやARの市場をより活性化したいとの考えで、誰でも簡単に3Dを作成・利用できるサービスの提供を開始しました。

今回は、法人向けの出張スキャンサービス『カタチスペース』が大幅にリニューアルされ、一般ユーザーの利用を想定したプラットフォームとして生まれ変わりました。

「カタチスペース」アプリ・「カタチスペース」ウェブサービスは、楽しかった記憶や大切な思い出の品などのアーカイブとして物体の姿形をそのままにスキャン撮影して3Dデータに残せるサービスとしてリリースされました。

「カタチスペース」アプリの特徴

アプリで『カタチ』を撮影

スマートフォンのインカメラをで撮影をすると、簡単に立体的なカタチデータを作成することが可能です。

撮影したカタチをカタチスペースへアップロードすれば、いつでもアーカイブとして見返すことができます。

※撮影する『カタチ』は、片面のみ立体的に撮れる3Dデータとなっています。

『AR』で実寸サイズ立体表示!

撮影したカタチはWebARで表示されます。

実寸サイズで表示されるため、大きな物を「カタチ」として持ち歩いたり、ARとの記念撮影など、新しい使い方ができます。

よりリアルな映像を簡単に『シェア』できる

アップロードしたカタチは、シェアボタンをタップするだけで簡単に共有ができ、ウェブブラウザで表示させることが可能です。

様々なSNSでシェアできるほか、リンクやQRコードも簡単に作成できます。

シェアされた相手はリンクをタップするだけでカタチを閲覧でき、アプリ不要ででAR表示ができるので、手軽に拡散ができます。

詳細:カタチスペースサービスサイト



カタチスペース動作環境

アプリ

対応OS:iOS13以降

デバイス:iPhoneX以降(カメラ機能を利用する場合) / AR機能 iPhone 6S以降

ウェブサービス

【iOS】

OS:iOS12以降

ブラウザ:Safari

デバイス:iPhone 6S以降

【Android】

OS:Android9 以降

ブラウザ:Chrome

デバイス:Google ARCoreがインストールされている端末

法人向け『カタチスキャンPRO』について

カタチスペースアプリで撮影(作成)できるデータ『カタチ』は、片面のみ立体的に撮れる3Dデータとなっています。

従来の3Dデータ作成工程と異なり、iPhoneのインカメラで撮影を行うだけで簡単に立体を作成が可能です。

自社サイトへの埋込などの商用利用向けのカスタマイズサービスも提供されています。

カシカ社では、背面まで含めた高精細な3Dデータ作成を出張スキャンサービス『カタチスキャンPRO』の提供もされています。

法人向けに、用途に応じた提案や組み込みの開発なども展開も実施されています。

まとめ

3Dを身近に感じられるサービスとして新たに生まれ変わった『カタチスペース』。

ユーザー自身が『カタチ』を作成できる点がユニークですね。

撮影が可能なのはiPhoneX以降と、端末が限られますが、思い出が立体映像で保存できるのは嬉しいですね。

個人的には商用利用でメニューの表示がARになるとより食欲を刺激されそうです。

ソース:ARアプリカタチスペースに関するプレスリリース[PR TIMES]








Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「写真を撮るように3Dを作成してARで表示!「カタチスペース」アプリ登場!